くらし情報『朗読と日本舞踊の調和で、メラメラと燃えるような恋心を感じてほしい』

2021年9月1日 11:00

朗読と日本舞踊の調和で、メラメラと燃えるような恋心を感じてほしい

朗読と日本舞踊の調和で、メラメラと燃えるような恋心を感じてほしい

朗読と日本舞踊のコラボレーションという、新しい形のエンターテインメントが誕生する。第1弾のテーマはお七の物語。禁じられた恋の相手に会いたい一心で、16歳のお七は江戸の町に火をつけた…。朗読でお七を演じる大空ゆうひと、日本舞踊で表す花柳幸舞音が、作品の魅力を語り合った。

大空 : 「ロミオとジュリエット」を思わせる、許されぬ中での一途な恋に共感できるのはもちろん、要所要所に出てくる火の情景が印象的ですね。お七の気持ちと相まって、恋心をメラメラと燃やしているよう。

花柳 : お七の物語は日本舞踊の定番で、私もお七の実年齢に近い年頃で清元の「幻お七」を踊ったことがあります。その時、駒込にあるお七の比翼塚(心中した男女の墓)にお参りに行ったことを覚えています。

大空 : 恋を知らなかった少女が、吉三郎との恋愛を経て、強く芯の通った女になっていく。この物語はお七の成長する様がとても魅力ですね。

花柳 : はい。お奉行は放火の罪を犯したお七をどうにか救済しようとしますが、彼女はそれを断り江戸市中を3日間引き回されることになります。その際、お七は綺麗な着物を着て、前を向いて堂々と歩いた、その姿がとても美しかったとか。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.