くらし情報『内場勝則も歌い踊る「パッと生の舞台で気分晴らして!」』

2021年10月29日 15:25

内場勝則も歌い踊る「パッと生の舞台で気分晴らして!」

内場勝則

内場勝則


2020年初演、日本キャスト版ミュージカル『ボディガード』が新春公演として帰ってくる。初演時はコロナ禍の影響で東阪全33回公演のうち上演できたのは大阪公演5回のみに終わった“幻の話題作”だ。再演の知らせに「やったー!」と声を弾ませる内場勝則。前作でミュージカルデビューを飾った、言わずと知れた吉本新喜劇のカリスマ座員。ヒロインのマネージャー役での再登板に「僕が出ている意味があるようなシーンが作れたら」と、合同取材会で再演への意気込みを語った。

ミュージカル「ボディガード」チケット情報

本作は、1992年にケビン・コスナー&ホイットニー・ヒューストン主演で世界的ヒットを遂げた同名映画を舞台化。グラミー賞受賞曲「I Will Always Love You」をはじめ、数々の挿入歌が日本語歌詞で再現される。サスペンスをはらむ展開と迫力のライブシーンは見ものだ。ヒロインのスター歌手を柚希礼音、新妻聖子、そして新たにMay J.を迎えたトリプルキャストで、そしてボディガードを大谷亮平が演じる。

「初日が開けた時は涙が出そうなぐらい嬉しかった」と、初ミュージカルの興奮を振り返る内場。“動物園”に例える新劇劇とは「景色が違う、予算が違う、空気が違う、匂いが違う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.