くらし情報『『薔薇と海賊』霧矢大夢ら出演者よりコメント到着』

2021年11月26日 13:03

『薔薇と海賊』霧矢大夢ら出演者よりコメント到着

『薔薇と海賊』霧矢大夢ら出演者よりコメント到着

2022年3月に上演される舞台unrato#8『薔薇と海賊』の出演者より、コメントが到着した。

1958年に発表され同年、文学座が初演した『薔薇と海賊』は、虚実の夢と純愛が詰め込まれた異色のファンタジー。

童話作家の楓阿里子邸。そこに、阿里子の童話のファンで30歳の松山帝一が訪ねてくる。帝一は、自分を童話の中の主人公・ユーカリ少年だと信じている知的障がいの青年。楓邸は童話の世界のように仕立てられ、阿里子は19歳の娘・千恵子にも登場人物のニッケル姫の扮装をさせていた。帝一はこの家にずっと住みたいと言い出し、阿里子と帝一の夢の世界のような純愛が始まる。しかし、帝一の登場がさまざまなひずみをもたらしていく。

出演者には、霧矢大夢、多和田任益、田村芽実、須賀貴匡、鈴木裕樹、大石継太、飯田邦博、羽子田洋子、篠原初実、松平春香が名を連ねた。 この度、出演者の霧矢、多和田、田村より、公演に向けて、意気込みのコメントが寄せられている。

<出演者コメント>
■霧矢大夢
初めて三島由紀夫作品に挑戦させて頂きます。
「挑戦」という言葉が相応しい、役者としての意気込みと覚悟を感じています。
三島の言葉に翻弄され、虚実の夢に迷い込みそうになる事が想像されますが、苦しみながらどっぷり浸りたいと思います。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.