くらし情報『音楽で繋がったふたりの男の愛憎を描くG2の新作舞台』

2022年5月10日 11:30

音楽で繋がったふたりの男の愛憎を描くG2の新作舞台

音楽で繋がったふたりの男の愛憎を描くG2の新作舞台

撮影:石阪大輔


劇作家兼演出家のG2が、新作ミュージカル『スワンキング』を書き下ろし。自ら演出も手がける。そこでG2に、本作に寄せる想いを語ってもらった。

芸術に傾倒するあまり浪費を繰り返し、“狂王”と呼ばれたバイエルンの国王ルートヴィヒ二世と、“天才”と言われつつ、借金と女性問題に苦しんだ作曲家リヒャルト・ワーグナー。G2はワーグナーの妻に関して書かれた本との出会いから、彼らを中心に据えたミュージカルの創作を思いついたと言う。「その本がまんまお芝居にしたいくらい面白くて、もともと興味のあったふたりの関係に、コージマというワーグナーの妻を絡ませた芝居を作りたい、という直感が働きました。なにより惹かれたのが、僕にも似たふたりの男のダメさ加減(笑)。でも夢を追い求める彼らのピュアさというのは、そのダメなところを補って余りあるのではないかと思ったんです」

核となるふたりを描く上で、G2が特にこだわったのが…。「このふたりって仲が良かったのは最初だけで、後はずっと喧嘩しているんですよね。そんな男ふたりが憎んだり、愛したりする姿勢。特に僕は、彼らが格闘している姿がすごく好きで。そういった部分を抽出して描きたいと思いました」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.