くらし情報『檻のないオープン・コンセプトの「シンガポール動物園」』

2015年7月19日 03:09

檻のないオープン・コンセプトの「シンガポール動物園」

動物たちが最も自然に近い形で生活できるようにと工夫された「Singapore Zoo(シンガポール動物園)」。ホワイトタイガーやアジア象は迫力満点。檻がない動物園で伸び伸びと暮らす動物たちの野生の姿を見に行こう!

檻のないオープン・コンセプトの「シンガポール動物園」

©Singapore Tourism Board

檻がない!?ストレスフリーな動物たちのワイルドな姿が見られる動物園
檻のないオープン・コンセプトの「シンガポール動物園」

©Singapore Tourism Board

シンガポール動物園は展示法がほかの動物園と一味違う。危険な動物の周りでも、堀があるだけで、檻や物々しい柵は見受けられない。「オープン・コンセプト」の展示法は、まるで自然界で出会った動物たちを私たちが「のぞき見」しているような感覚。ストレスが少ない彼らは、より野生に近い姿を私たちの前で見せてくれる。

オランウータンと朝食を
檻のないオープン・コンセプトの「シンガポール動物園」

©Singapore Tourism Board

Ah Meng Restaurantでは、なんとオランウータンと一緒に朝食を食べられる「ジャングル・ブレックファースト(Jungle Breakfast with Wildlife)」を毎朝開催。自由に写真も撮れるので、旅の忘れられない思い出になること間違いなし!
オランウータンとの朝食の予約はこちら

キッズ施設で一休み
上野動物園の2倍の広さを誇るシンガポール動物園。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.