くらし情報『ドバイでだけ楽しめるアクティビティがオープン』

ドバイでだけ楽しめるアクティビティがオープン

2018年2月12日 08:00
 

関連リンク

・アソビシステム10周年イベント「アソビエキスポ」新木場で - 中田ヤスタカ、CAPSULEら出演
・すみだ郷土文化資料館の特別展「隅田川花火の390年」浮世絵や最古の動画でその歴史を振り返る
・「台湾フェスタ」の狙い目は夜!? 小籠包・かき氷ほか台湾グルメが代々木公園に集結
ドバイでだけ楽しめるアクティビティがオープン
進化し続けるドバイ国土の大部分が砂漠で、海岸沿いに中心都市を発展させたドバイに、ここだけにしかない施設やアクティビティが次々とオープンしています。

ちょっと変わった展望台ドバイは、毎年多くの観光客が訪れる場所として人気の場所です。美しい海、広大な砂漠など、ありとあらゆるユニークな見所が満載です。

そんなドバイに新しくオープン(2018年1月1日)したのがドバイで最も新しい展望台「ドバイ・フレーム」です。展望台は、まるで絵画や写真のフレームのような長方形をした建物になっており、新旧ドバイの姿を眺めることができます。場料は大人AED50(約1,500円)、子供AED20(約600円)です。

動物と触れ合うことができるサファリパーク展望台の以外にも、巨大サファリパーク「ドバイ・サファリ(Dubai Safari)」もオープンしました。同サファリパークには、巨大な施設内に2500頭以上の動物が暮らしています。

施設内をバスやトラムに乗って巡るだけでなく、キリンにエサをあげたり水中のカバを見るなど、動物の生活を近くで感じることができます。

ドバイには、遊覧飛行、テーマパーク、レストランやグルメなどのアクティビティが次々と登場し、何度訪れても楽しむことができるでしょう。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※ドバイ政府観光・商務局のプレスリリース(PR TIMESより)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000031484.html

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.