くらし情報『ネット生保って本当にお得なの?』

2010年9月12日 12:00

ネット生保って本当にお得なの?

目次

・どれだけ安い?ネット保険
・ネット保険は保険料が約半分
・付加保険料がカギ
ネット生保って本当にお得なの?

どれだけ安い?ネット保険

「安い」というイメージのネット保険。実際のところ、大手生命保険会社の保険料とどれだけ違うのか。

ネット保険は保険料が約半分

例として30歳の男性が3000万円の保険金額を10年間確保するために必要な保険料を比較してみると、ネット生保である、ネクスティア生命の「カチッと定期」は3450円/月、同じくネット生保のライフネット生命の「かぞくへの保険」では3484円/月。

これに比べて大手生命保険会社Aでは7200円/月、同様の生命保険会社Bでは7240円/月の保険料がかかる。(ネクスティア生命およびライフネット生命は無配当であるのに対し、大手2社は5年ごとの利差配当付定期保険)

なんとこうして比べてみるとネット保険と大手生命保険会社とでは約2倍の差があることがわかる。

付加保険料がカギ

この違いの秘密は、付加保険料にある。保険料には、純保険料とよばれる支払いに備えて積み立てられるお金と、付加保険料という保険会社の運営費にあたるものが含まれている。その付加保険料がどれだけ抑えられるかがカギだ。

しかし、これだけ違うと信頼度が心配になってしまうが、保険会社に万一のことがあった場合にはセーフティネットが用意されており、契約した保険がむだになってしまうことはない。

そうは言っても、契約前には格付けやソルベンシー・マージン比率などで信用度をしっかりチェックしておきたい。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.