くらし情報『サブリース契約(一括借り上げ管理契約)のメリット・デメリット』

2018年3月20日 10:00

サブリース契約(一括借り上げ管理契約)のメリット・デメリット

サブリース契約(一括借り上げ管理契約)とは

サブリース契約とは、不動産管理会社が大家さんから物件を借り上げて、その管理会社が入居者と賃貸契約を直接結ぶ契約形式のことをいいます。

つまりサブリースとは「転貸借」のことをいい、「一括借り上げ」といわれたりもします。

目次

・サブリース契約(一括借り上げ管理契約)とは
・サブリース契約のメリットとは?
・3つのデメリット
・サブリースを検討するなら「免責期間」は特に注意!
・「家賃保証」に惑わされない判断を!


この契約を結ぶことでオーナーさんはどのような利益を享受できるのでしょうか。サブリース契約のメリットをみていきましょう。

サブリース契約のメリットとは?

3つのメリット
1.管理業務は一括お任せ
サブリース会社と契約を結ぶことで、物件の管理・運営を一括して任せることができます。この場合、賃借人と直接賃貸契約を取り交わすこととなるサブリース会社が、その管理責任を当然に負います。

賃借人とのトラブルなど、管理責任においてはリスクが低い点はメリットといえるでしょう。

2.空室率・滞納リスクを回避できる
サブリース会社に運営を一任するわけなので、自己経営とは違って空室対策を考える必要がありません。また家賃滞納者への対応をすることもありません。

そのうえ、サブリース会社から定額の賃料収益を得ることができるのです。この点がサブリース契約の最大のメリットともいえるでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.