くらし情報『阪神甲子園球場で回収したプラスチックカップの再生原料を一部使用した「リサイクルごみ袋」の開発・使用開始について~阪神甲子園球場における循環型リサイクルの取組み~』

2021年12月20日 19:30

阪神甲子園球場で回収したプラスチックカップの再生原料を一部使用した「リサイクルごみ袋」の開発・使用開始について~阪神甲子園球場における循環型リサイクルの取組み~

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)が運営する阪神甲子園球場では、今月9日に同球場における環境保全プロジェクト「KOSHIEN “eco” Challenge」を宣言しました。
この度、本プロジェクトの一環として、阪神甲子園球場オフィシャルエコパートナーである株式会社シモジマ(本社:東京都台東区、社長:笠井義彦)とともに、阪神甲子園球場で回収したプラスチックカップの再生原料を一部使用した「リサイクルごみ袋」を開発し、2022年のシーズンから同球場で使用する、循環型リサイクルの取組みを開始しますのでお知らせします。
阪神甲子園球場で回収したプラスチックカップの再生原料を一部使用した「リサイクルごみ袋」の開発・使用開始について~阪神甲子園球場における循環型リサイクルの取組み~

この「リサイクルごみ袋」は、同球場で回収されたプラスチックカップ10%のほか、ペットボトルを20%、ポリエチレンの再生原料を35%配合しており、再生原料65%とリサイクル率が高く、通常のポリ袋に比べCO2排出量を約15%削減できる製品です。
同球場では2012年から、球場内で使用したポリエステル(PET)製ビール用プラスチックカップを、同プロジェクトオフィシャルエコアドバイザーである帝人フロンティア株式会社と共同で分別回収し、球場イベントで配布されるノベルティなどにリサイクルする取組みを行ってきましたが、球場内における再生原料の更なる活用方法として株式会社シモジマが従来から取り組んでいた、ペットボトルをマテリアルリサイクルして製造するリペッツごみ袋の製造技術の活用を2020年から検討してきました。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.