くらし情報『マレーシア副首相に名誉博士号を贈呈 マレーシア・ツイニングプログラムにおける芝浦工業大学国際化への貢献』

マレーシア副首相に名誉博士号を贈呈 マレーシア・ツイニングプログラムにおける芝浦工業大学国際化への貢献

芝浦工業大学(東京都江東区/学長 山田 純)は2024年2月19日に豊洲キャンパスにて、マレーシア副首相アフマド・ザヒド・ハミディ氏へ名誉博士号を贈呈しました。

1992年、円借款事業として開始されたマレーシア・ツイニングは、マレーシア人の学生が日本語を学び、その後、日本の大学に留学して工学を学ぶ国際教育プログラムです。本プログラムはマレーシア地方地域開発省が管轄し、これまで約2000人のマレーシア人学生が日本の大学で学位を取得しました。芝浦工業大学は、30余年にわたり本プログラムの幹事大学を務め、本学の国際化にも大きく寄与しました。この関わりから、地方地域開発省の大臣を兼務されるザヒド氏に名誉博士号が贈呈されました。

マレーシア副首相に名誉博士号を贈呈 マレーシア・ツイニングプログラムにおける芝浦工業大学国際化への貢献

名誉学位記を手にするアフマド・ザヒド・ハミディ マレーシア副首相(中央)と山田学長(左)、鈴見理事長(右)

■マレーシア・ツイニングプログラムとは
1992年に円借款事業として開始されたマレーシア・ツイニングは、Higher Education Loan-fund Project(HELP)と呼ばれる、マレーシア留学生派遣プログラムです。第一期のHELPIでは、マレーシアにて2年間日本語・工科系基礎教育を受け、その後日本の大学を受験し、学部1年次から入学する方式でした。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.