くらし情報『日本ブルーフラッグ協会とJTB、海洋保全を起点とした持続可能な地域づくりのための包括連携協定を締結』

2024年5月28日 10:00

日本ブルーフラッグ協会とJTB、海洋保全を起点とした持続可能な地域づくりのための包括連携協定を締結

一般社団法人日本ブルーフラッグ協会(本社:神奈川県、代表理事:片山 清宏/以下「日本ブルーフラッグ協会」)と、株式会社JTB(本社:東京都、代表取締役 社長執行役員:山北 栄二郎/以下「JTB」)は、日本ブルーフラッグ協会の持つ海洋保全と環境教育のノウハウと、JTBの持つ観光・旅行のプロモーション力を組み合わせて、地域の社会課題を解決しつつ、企業のSDGs達成に貢献する新たなビジネスモデル創出を目指し包括連携協定を締結しました。この取り組みを通じて企業のESG経営を支援し、地域の持続可能な発展を促進してまいります。

≪ブルーフラッグとは≫
国際NGO FEE(国際環境教育基金)が実施するビーチ・マリーナ・観光船舶を対象とした世界で最も歴史ある国際環境認証です。認証基準を達成すると取得でき、毎年の審査を通じて、ビーチやマリーナ等における持続可能な発展を目指しています。世界では51か国5,036か所(2023年6月1日現在)、国内では14か所(2024年5月1日現在)がブルーフラッグ認証を取得しています。

日本ブルーフラッグ協会とJTB、海洋保全を起点とした持続可能な地域づくりのための包括連携協定を締結

国内ブルーフラッグビーチとマリーナ(2024年5月1日現在)
日本ブルーフラッグ協会とJTB、海洋保全を起点とした持続可能な地域づくりのための包括連携協定を締結

ブルーフラッグ認証ロゴマーク

■連携の背景と目的
周囲を海に囲まれた島国である日本には、自然、景観、食、文化など、豊かな海の恵みを生かした魅力的な観光地が多くあります。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.