くらし情報『【食費は2百円以内!?】妻「はい、夕食のもやし♡」夫「いい加減にして…」→この後届いた【一通の手紙】で節約の目的が発覚!?』

2023年12月8日 12:00

【食費は2百円以内!?】妻「はい、夕食のもやし♡」夫「いい加減にして…」→この後届いた【一通の手紙】で節約の目的が発覚!?

【食費は2百円以内!?】妻「はい、夕食のもやし♡」夫「いい加減にして…」→この後届いた【一通の手紙】で節約の目的が発覚!?

皆さんは、離婚を考えた経験はありますか?今回は「驚愕の理由で離婚を要求した男性」にまつわる物語と、その感想を紹介します。※この物語はフィクションです。イラスト:モナ・リザの戯言金遣いの荒い妻大学の同級生に一目惚れし、結婚をした主人公。しかし、妻の金遣いの荒さに主人公も我慢の限界に達してしまいます。節約をするよう妻に注意をすると、普段は抵抗するにもかかわらずその日は素直に従ってくれました。割りを食うのは…実際始まった節約生活は「はい、夕食のもやし♡」と質素な食事ばかり出されるように…。妻は、主人公の食費を抑えて節約をしようとしたのです。
【食費は2百円以内!?】妻「はい、夕食のもやし♡」夫「いい加減にして…」→この後届いた【一通の手紙】で節約の目的が発覚!?
出典:モナ・リザの戯言そんなある日、1通の妻宛に届いた手紙を見つけた主人公。その手紙は妻の浮気による、浮気相手の妻からの慰謝料請求書だったのです。妻が節約を始めた目的を知り、離婚を決意した主人公。すると本性を出した妻は、離婚の要求書を突き付けてきて…。「夫が離婚を切り出したから私の方が有利」と言い出す妻に、主人公は徹底的に対抗するのでした。読者の感想節約の意味を履き違えている妻に呆れました。妻は本当に自分のことしか考えていなくて、主人公がかわいそうです。(30代/女性)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.