恋愛情報『彼と心地よい関係を築くなら“アレ”を手作り! 心理カウンセラーが伝授』

彼と心地よい関係を築くなら“アレ”を手作り! 心理カウンセラーが伝授

2018年3月10日 22:00
 

甘く深い官能の世界は、いつでもそこにあるものの、それを受け入れる心と身体の準備ができていなければ、その悦びを本当の意味で感じることはできません。今回は心理カウンセラー・塚越友子さんに実践的なアプローチで五感と本能を目覚めさせ、人生の新たな扉を開くための、特別レッスンをお願いしました。快楽を求める本能に忠実に、自分を縛るタブーを捨てる方法とは?

彼と心地よい関係を築くなら“アレ”を手作り! 心理カウンセラーが伝授

未知の体験を心から味わって、社会や文化に囚われた自分を解放。
日本は社会的にも文化的にも、女性が官能的な快楽を求めることをタブーとしてきた歴史が長い。

「その結果、極私的な感情&感覚であるはずの官能の要不要を、男性の望みにどう応えるかで判断しがち。生身の自分自身の身体や心がどう感じているかに対してはなおざりなんです」(塚越さん)

また情報過多な現代では、官能まで情報に支配され、体験を味わいきれずに消化することに終始してしまう。「官能とは感じること。未知の体験を重ねましょう」
LESSON1:茶道や華道を始めてみる。
周りの意見を気にしがちな人は特に、雑念と距離を置く有意義な時間を持って。世の中の刺激から離れ、体験そのものに集中、没頭できると、自分主体の考えが持て、官能的思考も復活する。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.