恋愛情報『恋愛で似た者同士はダメ!?「長続きカップルになれる」相手の見つけ方#74』

2019年3月15日 18:40

恋愛で似た者同士はダメ!?「長続きカップルになれる」相手の見つけ方#74

14年間勤めたマガジンハウスを辞めて、女ひとりスーツケースで全米を放浪し続けること早4年。アメリカ先住民のナバホ族のみなさんと生活したり、禅センターでの雲水修行などもありました。さて今回はサンフランシスコで開かれたWisdom2.0に参加し、過去の恋愛関係を見直し、反省するための智慧を授かったと言うのですが……。

写真/文・土居彩

土居彩の会社を辞めて、こうなった。】vol. 74

目次

・とはいえ、尼さんになりたいわけではない。
・Wisdom2.0ってナニ?
・創設者の悩めるトレーラーハウス生活が発端。
・等身大の尼問題について考えてみよう。
・シングルで恋愛も諦めている女。
・二人だからこそ学べることってなんだろう?
・パートナーは、自分の光と影を写す鏡。
・研磨剤として成長を促す。
・運命の相手、ソウルメイトってどんなヒト?
・遺伝子型が近い男性のニオイは臭い。
・違うから、相性がいい。
・相手選びを誤ったのか、視点が低すぎたのか?
・あなたと過ごした時間も、ある意味2.0。
・2020年Wisdom2.0日本初上陸
恋愛で似た者同士はダメ!?「長続きカップルになれる」相手の見つけ方#74


私土居彩は離婚し、その後付き合った恋人とも別れ、14年間勤めた仕事は辞め(当時はアンアン編集者)4年ほど前に、スーツケース2つでひとり渡米しました。

自分自身もそれを提案しまくっていた人間のひとりですが、世間一般で決められた「幸せ」や「成功」のあり方をもう一度見つめ直して、私にとっての幸せのカタチとは何かを実体験のなかで確かめたかったのです。

まずはバークレーで幸福心理学を学び、アルツハイマーの女性との暮らしで一緒に食卓を囲むという、もっとも基本的で大切なことを教わりました。1年ほど前からは定住場所を持たず、オルタナティブ文化の発祥地であるエサレン研究所で暮らしながらヒーリングを学んだり、ジョアン・ハリファックス老師のウパヤ禅センターでは4か月間の雲水生活をしていました。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.