恋愛情報『37歳で退職し、女ひとり渡米4年半。帰国目前で「得たモノ失ったモノ」。#最終話』

2019年8月3日 21:00

37歳で退職し、女ひとり渡米4年半。帰国目前で「得たモノ失ったモノ」。#最終話

14年間勤めた出版社を辞めて、なんの保証もないまま女一人アメリカに移住した筆者土居彩。大学で半分ほどの年齢の人たちと肩を並べて心理学を学んだり、先住民のみなさんと暮らしたり、恋をしたり失恋したり、禅センターでは雲水修行も行ったアメリカ生活でした。日本帰国を目前にし、この4年半を振り返って、得たもの失ったものを考察します。

写真/文・土居彩

目次

・ここまでのあらすじ。
・ハッピーエンドに執着したけれど…
・留学相談はどうか私にしないで。
・「しゃーないしな」マインドは有責態度。
・正しい、間違っているを超えて守りたいもの。
・後ろは強く、前は柔らかく、大胆な心を。
・英語がわかると当然も変わる。
・自立だけ、依存だけ、を超えた相互存在。
・親切するのに、メリットが必要という隠れた思い込み
・多くの人が死に際して後悔する5つのこと。
・心から、ありがとうございました。


土居彩の会社を辞めて、こうなった。】vol. 75

ここまでのあらすじ。

私土居彩は離婚し、その後付き合った恋人とも別れ、14年間勤めた会社を辞め(当時は雑誌『アンアン』編集者)4年半前に、スーツケース二つで渡米しました。

37歳で退職し、女ひとり渡米4年半。帰国目前で「得たモノ失ったモノ」。#最終話


自分もそれを提案していた人間のひとりですが、世間一般で決められた「幸せ」や「成功」のあり方を見つめ直して、私にとっての幸せとは何かを実体験の中で確かめたかったからです。

まずはバークレーで幸福心理学を学び、認知症の女性との暮らしで一緒に食卓を囲むという、もっとも基本的で大切なことを教わりました。そして2年ほど定住場所を持たず、オルタナティブ文化の発祥地であるエサレン研究所でボディ・ヒーリングを学んだり、ジョアン・ハリファックス老師のウパヤ禅センターで5か月間の雲水生活をしたり、タサハラ禅マウンテンセンターでボランティアしたりと女ひとり放浪旅をしていました。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.