恋愛情報『たった一通のLINEで… ドロ沼不倫にハマった「アラサー独身女性の末路」【後編】』

2021年4月30日 21:45

たった一通のLINEで… ドロ沼不倫にハマった「アラサー独身女性の末路」【後編】

「不倫なんて自分とは関係のない話」と思っていても、心の隙間に既婚男性が入り込み、ドロ沼不倫への道を進んでしまう女性もいます。美恵さん(仮名・33歳)も、そんなひとりでした。「不倫はダメ」と思いつつも、どんどんハマってしまった結果について経験者の話を聞きました。

独占欲によって不倫はドロ沼へ

目次

・独占欲によって不倫はドロ沼へ
・「離婚する」と言いながら、進まない状況に苛立つ毎日
・妻への直談判を決行するも……
・愛し愛された日々は幻想?あっけなく終わりを迎えた現実
たった一通のLINEで… ドロ沼不倫にハマった「アラサー独身女性の末路」【後編】


「彼氏との交際も続けつつ、年上で包容力のあるところに惹かれ、雄二さん(仮名・37歳)と1年ほど不倫関係を続けていました。しかし、次第に私はそれまで付き合っていた彼氏への愛情が完全に冷め、雄二さんを独占したいと思うようになったんです。

それまでは、私にも恋人がいて雄二さんには家庭があるという状況がイーブンだと感じていたのですが、それでは満足できない、むしろ雄二さんを独占したいと考えるようになってしまいました。

そこで、相手に離婚を求めるなら、まずは自分がシングルにならなくてはいけないと思い、2年ほど交際していた恋人に別れを告げたんです」

「離婚する」と言いながら、進まない状況に苛立つ毎日

「ところが、雄二さんは『美恵が彼氏と別れたなら、俺も離婚する』と口では言いながら、まったく離婚する様子がないんです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.