彼を信じて大丈夫?『8年越しの花嫁』に見る「信じる価値」の判断ポイント

2017年12月16日 16:50
 



12月16日(土)、映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』が公開されます。
尚志(佐藤健さん)と麻衣(土屋太鳳さん)は結婚を控え幸せの絶頂。しかし、式の直前に麻衣は突然、意識不明に…。

彼女を襲った病は、なんと発症率が300万人に1人とされる難病「抗NMDA受容体脳炎」でした。治るかどうかもわからないまま、尚志は昏睡状態の麻衣のそばでずっと目覚めを待ち続けます。

■不明瞭な未来を信じる

「もう、麻衣のことは忘れなさい」
麻衣の母にそう言われても、尚志は離れませんでした。

やがて歳月を経て麻衣は目覚めます。けれど、目の前の尚志がわからず意思の疎通ができない状態。
尚志はなんとか麻衣の心にコンタクトをとろうと、会社勤めのかたわら献身的に治療をサポートします。その甲斐あってか、ある日小さな奇跡が二人のもとに訪れるのです…。

こちらが呼びかけても、相手が応えてくれない。そんな状態でも応えてくれることを信じて待ち続けるというのは、並大抵のことではありません。
信じていれば必ず報われるほど、現実は甘くはないのです。でも信じ続けなければ、結果を得られることもありません。

病気とまで言わなくても、恋人に明らかに問題があった場合。いつか直ってくれると信じて、待ち続けるべきなのか。
今回は、そんな「信じる価値」を判断するポイントをお教えします。

■問題視しても危機感がなければ何もしてないのと同じ

世の中にはどうしようもなく、だらしない人っていますよね。
ギャンブルにお金をつぎ込んで、生活費すら使ってしまう。何度「やめて」と言っても懲りずに浮気を繰り返す、といった人たちです。

こういうだらしなさを指摘したとき、その場で反省する人を簡単に信じていいものでしょうか。
「ごめんね。ちゃんとしようと思っている」
と相手が言ったとして、どの程度「問題意識」を持っているのでしょう。

残酷なことを言うようですが、口では何とでも言えます。
「悪いと思っている」程度では、正直、本当に改善するのかはなはだ疑問です。

自分自身が抱えている問題について「本気でなんとかしなければいけない」と危機感を抱いて初めて、人は問題解決に向けて具体的な一歩を踏み出します。そのため当人が危機感を持っているかどうかが、改善の見極めポイントとなるのです。

■理に適った行動をしているかどうか

危機感を持って具体的な努力をしていても、方向性が間違っていたら結果は出ません。
問題には、必ず原因があります。本気で直したいなら、まずはこの根源となる要因を探るべきでしょう。

例えば恋人と会えなくて寂しいからといって、違う異性と浮気をして癒すのは間違っていますよね。

寂しさに耐え切れないのはなぜか?常にかまってくれる人がほしいから。
常にかまってくれないと自分を保てないのはなぜか?自分に自信が持てないから。
自分に自信がないのが根本原因なら、自分を好きになれるよう努力すればいいのです。

得意と思えることの技を磨く、感受性を育てる、ボランティアをして誰かに感謝される機会を増やす、といった具体的な努力を積み重ねる。
そうして自尊心を育てることができたら、ふらふらと浮気してしまう気質を卒業できるでしょう。

自分に「なぜ」を問いかければ、理に適った改善策を見出せるはず。
相手が本気で取り組むその努力に「妥当性」が見えたら、尚志が8年間見守り続けたように、あなたの中にも「信じる価値」が生まれることでしょう。

■まとめ

「信じる価値」を判断するポイント、ご理解いただけましたでしょうか。

相手の口先だけの言葉を盲信するのは、現実から逃げているのと同じです。幸せになりたい、と思うならあなたも勇気をもって向き合うべきでしょう。

相手の言葉だけでなく、行動を見た上でどうしたいか。最終的に信じるのは、その相手を選んだあなたの「人を見る目」なんです。

ライタープロフィール
黒木蜜
一般企業に勤めながら執筆した作品が日本文学館のオムニバス本に掲載され作家デビュー。古事記への造詣が深く、全国300ヶ所以上の神社紹介記事を執筆。現在、古事記の観点から紹介する神社コラム/恋愛コラムなども手がけている。

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.