恋愛情報『彼を信じて大丈夫?『8年越しの花嫁』に見る「信じる価値」の判断ポイント』

2017年12月16日 16:50

彼を信じて大丈夫?『8年越しの花嫁』に見る「信じる価値」の判断ポイント

目次

・不明瞭な未来を信じる
・問題視しても危機感がなければ何もしてないのと同じ
・理に適った行動をしているかどうか
・まとめ
彼を信じて大丈夫?『8年越しの花嫁』に見る「信じる価値」の判断ポイント


12月16日(土)、映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』が公開されます。
尚志(佐藤健さん)と麻衣(土屋太鳳さん)は結婚を控え幸せの絶頂。しかし、式の直前に麻衣は突然、意識不明に…。

彼女を襲った病は、なんと発症率が300万人に1人とされる難病「抗NMDA受容体脳炎」でした。治るかどうかもわからないまま、尚志は昏睡状態の麻衣のそばでずっと目覚めを待ち続けます。

■不明瞭な未来を信じる

「もう、麻衣のことは忘れなさい」
麻衣の母にそう言われても、尚志は離れませんでした。

やがて歳月を経て麻衣は目覚めます。けれど、目の前の尚志がわからず意思の疎通ができない状態。
尚志はなんとか麻衣の心にコンタクトをとろうと、会社勤めのかたわら献身的に治療をサポートします。その甲斐あってか、ある日小さな奇跡が二人のもとに訪れるのです…。

こちらが呼びかけても、相手が応えてくれない。そんな状態でも応えてくれることを信じて待ち続けるというのは、並大抵のことではありません。
信じていれば必ず報われるほど、現実は甘くはないのです。でも信じ続けなければ、結果を得られることもありません。

病気とまで言わなくても、恋人に明らかに問題があった場合。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.