恋愛情報『要注意!このまま結婚したら危険かも…なカレ親の「モヤっと事案」3つ』

要注意!このまま結婚したら危険かも…なカレ親の「モヤっと事案」3つ

2018年2月19日 11:45
 

関連リンク

・「あなたとは」結婚しない彼の男性心理とは
・彼氏に結婚願望があるかさり気なくチェックする方法
・女子は意外と気づかない!男が送る「脈なしLINE」の特徴4つ
要注意!このまま結婚したら危険かも…なカレ親の「モヤっと事案」3つ

婚約するかどうかは置いておいて、交際中にパートナーの両親に会うことってあると思います。

もしかしたら、わずかな確率であっても、未来の義両親になるかもしれない。そんな可能性が見えたとき、モヤッとしたことを我慢すべきなのかと悩む場合もあるのでは?

■注意したい「モヤッと事案」

結婚や婚約の前に感じたモヤっとは、本当に我慢すべきなのでしょうか。もちろん、生活環境がそれぞれの家庭により異なるわけですから、多少の相違点はあるでしょう。

それらを考慮しても、ぜひ注意しておきたい「モヤっと事案」があるのでご紹介します。ちなみにこれから紹介する事案は、筆者自身と知人の経験則によるものです。

■出身地による性格の決めつけトーク

小さいことだと思われるかもしれませんが、長い間しつこく言われると、いい加減うんざりするのがこの話題です。

「どこそこの出身だから気が強い」
「都会生まれは冷たい」

根拠があるような、ないような。
筆者の元義両親は、出身地による性格分類トークを好んでいました。

結婚前から、首都圏出身である筆者のことを「近所付き合いが希薄な地域の人は身内にも冷たいから心配だ」と言っていました。

確かに都心部のマンションなどでは、お隣さんの顔も知らずに生活していたこともあります。でも、身内に冷たいかどうかは、出身地に起因することではないと思うのです。

■介護、同居は当然という流れのトーク

こちらも実際にモヤっとした体験です。

結婚前に顔合わせをして以来、電話やメールをするようになった義両親。だんだん、込み入ったことを聞いてくるようになりました。

それは、筆者の両親の介護はどうするのかということ。
親世代の介護は、遠からず直面する問題だと覚悟はしています。ですので、必要な時期に、適切なサポートをしようと思っていると伝えると、こんなことを言われました。

「え?姉妹がご両親と同居しているのに?」と。

え?筆者の姉妹だっていつかは結婚するかもしれないし、姉妹が同居していたら筆者は不要なの?

なんと、元義両親は自分たちの介護を、筆者が確実にするものだと決めつけていました。
そして筆者の両親の介護は、当時、実家にいた姉妹が行うと思っていました。というか、半ば勝手な決定事項です。

これはしっかりと考えを伝えておかねばと思い、機会を得て話してみると「嫁に来るのだから、実家の世話をするとは思わなかった。この地域はみんなそうだし」とのこと。

筆者は同居するつもりも、仕事を辞めるつもりもありませんでした。それを、同居で専業主婦になるのが当たり前とまでいうのですから、びっくり、モヤっとしまくりです。

危機感マックスだったので、元夫に同居はしないと宣言。介護は実家両親同様、必要な時期に必要なサポートのみ。基本的に自分の親は自分で看ることを約束しました。

この義両親や元夫とはいろいろあり、「元」がついているので、その後の関係はお察しください。
結婚前に介護と同居の件は、しっかりとパートナーと決めておくべきです!

■実家の財産について探りを入れるトーク

こちらは主婦歴10年を超える、筆者の先輩にあたる女性の体験談です。
結婚前から、義両親がなにかとお金についての探りを入れてくることにモヤっていたというA先輩。

彼女の義両親は、A家の両親兄弟の収入はもちろん、結婚資金としていくら出してくれたのか、結婚祝いはいくらの予定なのかまで聞き出そうとしていたそうです。

結婚して出産した後も、出産費用をいくら出してもらったのか、どのくらいのお祝いをもらったのかと根掘り葉掘り。

公平性を保つために知りたいのかもしれませんが、聞いたところで合わせてくるわけでもなく、単に興味本位なんだそう。

また、聞いたことをすぐにしゃべってしまう義母の性格を案じ、具体的な額は一切口にしないと決めたとのことです。

親戚関係になったとしても、お金の話を興味本位で探られたらモヤっとしますよね。

■終わりに

結婚前にモヤっとしたことは、結婚後もモヤっとしたままである可能性が高いのではないでしょうか。
モヤっとしたことは早めにパートナーと相談し、対策をとっておいたほうがベターです!

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.