恋愛情報『LINEは来るのに告ってこない理由はこれ?「惚れた弱み」』

2020年9月21日 18:55

LINEは来るのに告ってこない理由はこれ?「惚れた弱み」

LINEは来るのに告ってこない理由はこれ?「惚れた弱み」

漫画家として活躍するカレー沢薫さんの連載コラム「アクマの辞典」
このコラムは、ア行からワ行まで、女や恋愛に関する様々なワードをカレー沢さん独自の視点で解釈していきます。女の本性をあぶりだす新しい言葉の定義をとくとご覧あれ!

■第66回アクマの辞典ハ行

【ホ】
➤「惚れた弱み」(ほれたよわみ)

LINEは来るのに告ってこない理由はこれ?「惚れた弱み」


今回のテーマは、は行から「惚れた弱み」である。

先日別の仕事でアメリカ在住の日本人女性のコラムを読んだ。

そのコラムによると、アメリカは日本と違い女の腕毛や腋毛がボーボボでも特になにも言われることがない。
つまり、日本は女に対する「愛され脅迫」が強すぎるのではないか、ということだ。

飛躍しすぎて意味不明と思うが、可能な限り国語力を捨てて要約するとこうなるのだ。

日本には「女は無駄毛を処理しておくべき」など、欧米に比べ「女とはこうあるべき」というベッキー論が多い。
そして「女は無駄毛を処理しておくべき」のあとに「さもなくば、水中での抵抗が強くなり、海上での戦闘に後れを取る」といった言葉が続くのなら合理的なのだが、大体「さもなくば愛されない」などの言葉が続いてしまうのだ。

両手左右の指毛に「エボニー」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.