恋愛情報『女優だからこそ感じる…タロットに秘められたストーリー』

2020年11月29日 18:55

女優だからこそ感じる…タロットに秘められたストーリー

鏡先生:小アルカナは、もともとトランプ占いに使われたものです。そこでの意味と魔術結社のシステマティックな教義との間に、齟齬が生まれてしまいました。その影響で今でも、小アルカナの解釈が、人によって違ったりするんです。

砂羽さん:そういうことだったんですね。

■イマジネーションが膨らむ小アルカナ

有名な2つのタロット「ウエイト=スミス版」と「マルセイユ版」、それぞれの絵柄の違いについて、砂羽さんからこんな意見も飛び出しました。

砂羽さん:私は、マルセイユ版よりもウエイト=スミス版のほうが、カードを読みやすいんですよね。

鏡先生:マルセイユ版は、意味を全部覚えなければいけないですからね。「剣の3」のカードなら、剣が3本描かれているだけですし。

砂羽さん:一方で、ウエイト=スミス版のほうは、ハートに剣が3本刺さっている絵が描かれているので、そこからインスピレーションを得てストーリーを想像しやすいんです。グサグサ刺さってるから、こういう状況なんだろうな…なんて。

小アルカナ 剣の3
左:マルセイユ版右: ウエイト=スミス版
鈴木砂羽&鏡リュウジ_タロット美術館_画像4_2


鏡先生:その意味で、ウエイト=スミス版は、本当にすばらしいんですよ。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.