恋愛情報『「メイク詐欺」とは言わせない!温泉で使える“すっぴん底上げメイク”』

2017年6月26日 15:00

「メイク詐欺」とは言わせない!温泉で使える“すっぴん底上げメイク”

目次

・温泉メイクは肌と眉が最大のポイント
・眉は毛流れを作って少し色を乗せる
・肌は粉っぽさNG!ツヤ重視で!
・眉と肌だけじゃ不安…という人は
・もう一声!という人には
・終わりに
「メイク詐欺」とは言わせない!温泉で使える“すっぴん底上げメイク”


6月26日は「露天風呂の日」。「6・26(ろ てん ぶろ)」の語呂合わせから、岡山県の温泉街が1987年に制定した記念日です。

温泉といえば、女性的に問題になってくるのが“すっぴん問題”。特に彼氏と、もしくは男女のグループで温泉に行ったとき “ドすっぴん”というのも…と思う女性も多いでしょう。

そこでヘアメイクさんから教えてもらった、すっぴん風だけど、すっぴんよりキレイに見える温泉メイクをご紹介します。

◆温泉メイクは肌と眉が最大のポイント

すっぴんでも眉は描いておきたい!という女性は多いですよね。顔の印象を左右する眉は重要。そして肌。明らかに普段のメイクした肌とは別モノの、キレイな肌を作るのが大切です。この2つがいかに大事なポイントか、ということを肝に銘じてくださいね。

◆眉は毛流れを作って少し色を乗せる

もともとの眉がある程度しっかりしている人は、毛流れを整えましょう。使用するアイテムは透明マスカラ。目元用でもOK。プチプラで揃います!それで眉毛を整えるとツヤが出るので、すっぴん感がありながら整っている印象になりますよ。
「私、すっぴんだと“麿”になっちゃう!」という人は、パウダー系のアイブロウで軽めに描いて、透明マスカラをコート剤代わりに使いましょう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.