恋愛情報『最初の半年が肝心!付き合って6ヶ月までにしておきたいこと』

最初の半年が肝心!付き合って6ヶ月までにしておきたいこと

2018年3月11日 12:15
 

関連リンク

・女の赤裸々告白!1回目のHで「2回目はないな」と思った男の特徴3つ
・彼から「キスするときが一番かわいい」って思われてる自信,、あります?
・惜しい!あと一歩で彼女になれない人の特徴
最初の半年が肝心!付き合って6ヶ月までにしておきたいこと


付き合って3ヶ月や半年で恋人と別れてしまうジンクスを1度は聞いたことがあると思います。
他人同士が寄り添うわけですから、お互いの異なる価値観をすり合わせてお付き合いしなければいけません。
付き合って半年が勝負!と言われてますが、半年である程度の関係性を築き保てていないと破局に繋がりやすいのです。

彼と長いお付き合いをしていくために、お付き合いから6ヶ月以内にやっておくべきことを把握しておきましょう。

お付き合い1ヶ月〜2ヶ月目

どちらが告白したにしても、お互いに相手の気持ちを探りあう時期。
「本当に私の事好きなの?」「どうして告白してきたんだろう」など相手の気持ちを疑う時でもあります。
この時期は、できるだけ好きと言う気持ちを伝えるためにも、会える時は顔を見てみて話すようにすることが大切。
些細な事でも不安になる時期なので、不安を払拭するためにも、最初の1〜2ヶ月は出来るだけ会う事を目標にがんばっていきましょう。

お付き合い2ヶ月〜3ヶ月目

付き合って2〜3ヶ月の時期は、相手が自分の事を好きだとやっとわかり始め、お互いに信頼感を持ってお付き合いを楽しみ始める時期です。
この時期は、彼との信頼関係をより強くするために、共同作業を多く取り入れてみると良いです。
特に旅行がお勧めです。
どこに行きたいのか、予約をするのはどっち?なんて小さい工程を話し合って決めて行く旅行は二人の絆をより深くします。
近場でも良いので、ホテルや旅館などを予約するお泊りデートを計画してみてはいかがでしょうか?

お付き合い4ヶ月〜6ヶ月目

この時期は、お互いに自分とは違う人間だと理解する時でもあります。
付き合い始めの頃は、相手の嫌な面を見ても「好き」だと飲み込めたのに、それがだんだんと許せなかったり、イライラする事も出てきます。
お互いに一番良い距離感を掴むためには、この時期に1度話し合いの機会を持つと良いです。
わざと喧嘩しろとまでは言いませんが、彼の発言や行動に違和感を感じたり直してほしいと思うことは、正直に伝える努力をしてみましょう。
たとえ喧嘩になっても、今まで積み上げてきた信頼や、絆があれば乗り越えられるはずです。

【番外編】6ヶ月以降のお付き合いの仕方

お付き合いして6ヶ月くらい経つと、男性は彼女に対して無理をすることを辞めるもので、女性からすると「デート代を出してくれなくなった」「会ってくれなくなった」と不満や不安が募るかも。
不安感から彼に強く当たったり、余計なことを言ってしまったり、大きな喧嘩になる事もあります。このあたりからはバランス良く自分の時間を大切にする努力をしていく事が大切。
趣味や勉強、スポーツジムに通うなど、彼と過ごす時間以外にも楽しめる事を見つけていきましょう。

男性と知り合って折角お付き合いに発展しても、半年でお付き合い終了になってしまう女性は、今回の流れに沿って彼との関係を深めていけばお付き合いを長く継続できるはず。
大好きな彼とずっと一緒にいたいと思ったら、付き合ってからの半年を上手に過ごしていきましょう。

written by 亀ぱんだ

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.