恋愛情報『いつまでもラブラブでいるための夫婦の取説』

2019年9月26日 19:00

いつまでもラブラブでいるための夫婦の取説

目次

・1. たまには2人でデートする
・2. 身だしなみはしっかりと
・3. 相手に依存し過ぎない
・4. 感謝の気持ちと笑顔を忘れない
・5. 定期的に話し合いの場を設ける
・6. 連絡はこまめに取る
・7. ちょっとした気遣いを忘れない
・8. 一緒の趣味を作る
いつまでもラブラブでいるための夫婦の取説


結婚して数年経つと、昔はラブラブだったのに、今ではめっきり会話もスキンシップも減ってしまった…なんてケースも珍しくありません。慌ただしい結婚生活の中で衝突したり、いつの間にか埋められないほどの溝が出来てしまっていたり・・・出来ることなら新婚時代のあの頃に戻りたいと思っている人もいるでしょう。ここでは、いつまでもラブラブでいるための夫婦の取説を紹介します。

1. たまには2人でデートする

結婚生活が長くなっていくと2人で過ごすのが日常になってしまい、ドキドキを忘れてしまいがち。たまにはいつもと違う雰囲気の中2人で過ごしてみてはいかがでしょうか?

パートナーの好きなところを再認識したり、惚れ直すことがあるかもしれません。この機会に積極的にスキンシップを取り入れてみましょう。あの頃の気持ちを取り戻すいいチャンスになるかも。

2. 身だしなみはしっかりと

いつも家では起き抜けのボサボサ頭やノーメイクが多いということありませんか?たとえお出かけしなくても髪の毛はしっかりセットして薄化粧はしておきましょう。「親しき中にも礼儀あり」というようにいくら見慣れているからといって手抜きするのは良くありません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.