恋愛情報『紗倉まな×志茂田景樹:あの「入院生活」が人生を変えた!?ふたりの意外な共通点』

2017年11月17日 12:00

紗倉まな×志茂田景樹:あの「入院生活」が人生を変えた!?ふたりの意外な共通点

犬の保険を販売したり英語の辞書を販売したり・・・・・・。営業の仕事の中でも何度か転職していたんだけど、ある日「僕は頭を下げるの好きじゃない」ってことに気がついて(笑)。

紗倉:(笑)。なんか違うなと?

紗倉まな×志茂田景樹:あの「入院生活」が人生を変えた!?ふたりの意外な共通点


志茂田:そうそう。売り上げも上がらないし、それならば頭を下げないで済む仕事をしようと思って。そんな感じで、合わないから転職したり、流れで似たような仕事に転職したりで、合計20社ぐらい渡ったかしらね。

紗倉:仕事探しはどういう風にしていたんですか?

志茂田:求人雑誌もあったけど、新聞広告で探すことが多かったかな。待遇を見て選ぶこともあったし、鉛筆を立てて、芯が倒れたところにしようって決めたこともあったりして。

紗倉:えーー!意外と適当なところもあったんですね(笑)。

■◆入院をきっかけに小説家を目指す

紗倉まな×志茂田景樹:あの「入院生活」が人生を変えた!?ふたりの意外な共通点


紗倉:そこからなぜ小説家になろうと・・・?

志茂田:小説家を志したのは保険の調査員をしていた、28歳の頃。小説雑誌の新人賞の記事を見て、こういう形で作家になる方法もあるのかと知って。「そういえば僕も書く材料があるな、書きたいことがあるな」と気が付いて、小説家を目指そうという気が湧いてきたのが最初のきっかけでしたね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.