恋愛情報『カップルで価値観が違うのは当然!でも男子的に「共感してほしいポイント」がある』

2019年3月17日 21:00

カップルで価値観が違うのは当然!でも男子的に「共感してほしいポイント」がある

目次

・理想の価値観1:デートの帰り道、「会えてうれしかった」気持ちになる
・▼寂しい気持ちやネガティブな感情への対処法
・理想の価値観2:「好き」を行動で示さなくても仲良しでいられる
・▼意見の押しつけはやめて、恋人と話し合おう
・■さいごに:彼氏とのすれ違いが起きてないか、チェックしなおそう
カップル


どうもあかりです。カップル同士で「同じ価値観」を共有していることって大切です。だけどここでいう「価値観」というのは、「感覚全て」じゃありません。

ハッキリ言ってしまえば、趣味とか、好きな芸能人やYouTuber、好きな食べ物、お店といった些細なレベルでの価値観がズレているか、同じかなんて瑣末すぎる。

それよりももっと根本的な、「恋の捉え方」のレベルで共感し合える二人でいることこそが重要です。今回は、男子が「彼女とここでは繋がっていたい」と感じる2つの価値観をご紹介します。

■理想の価値観1:デートの帰り道、「会えてうれしかった」気持ちになる

デートが終わって家に帰ってるとき、俺は『よーし、また一週間がんばるぞ!』っていい気分になっているのに、その日の夜に彼女から『ねえ、さみしい。電話しよ』みたいなLINEが来たりすると、なんかリアルなすれ違いだなって感じる」(飲料メーカー/25歳)

その日のデートが終わったときに、「満足感」があるか「物足りなさ」があるか。

これは小さいポイントに思えるかもしれませんが、実際には、デートにとどまらず、「相手と付き合っている今の生活」そのものへの心の充実度を表す指標なんだと思います。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.