恋愛情報『ふたりにとって「恋人」という存在を「試される場所」ではなく「帰れる場所」にしていくべき理由』

2019年12月4日 12:00

ふたりにとって「恋人」という存在を「試される場所」ではなく「帰れる場所」にしていくべき理由

目次

・「試される場所」ではなく「帰れる場所」にしていくべき理由って?
・「試される場所」とは
・「帰れる場所」とは
・「試される場所」は一時。「帰れる場所」は永遠
・「試される場所」と「帰れる場所」の具体例
・「好き」のカタチ
・恋愛と関係ない部分
・デートに求めるもの
ふたりにとって「恋人」という存在を「試される場所」ではなく「帰れる場所」にしていくべき理由


どうもあかりです。まずはじめに、ふたりにとって「恋人」という存在を「試される場所」ではなく「帰れる場所」にしていくべき理由、をお話しした後で、それぞれの具体例についても見ていこうと思います。では、まいりましょう。

■「試される場所」ではなく「帰れる場所」にしていくべき理由って?

ふたりにとって「恋人」という存在を「試される場所」ではなく「帰れる場所」にしていくべき理由


まず前提として、「試される場所」と「帰れる場所」の定義を確認していきたいと思います。

■「試される場所」とは

「試される場所」とは、わかりやすく言うと、「よい彼女でいること」や「よい彼氏でいること」を求められる場所、ということです。

具体的な例としては、こんなものが挙げられるでしょう。実際に私がある知人男性から聞いたお話です。

「彼女からしょっちゅう『彼氏だったらもっと私のことを構ってよ』とか『私のことを好きなら〇〇してよ』みたいなことを言われて、(俺って、彼女にとっての理想の彼氏像を埋め合わせるためだけに付き合ったわけじゃないんだけど......)って疑問に思うことがある。結局彼女がほしいのは"俺"じゃなくて"私の理想の彼氏"なんだなって」

恋人が「試される場所」になってしまっている状態は、相手が「自分の恋人にはこういう人であってほしい」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.