恋愛情報『男性が彼女に伝える「好き」と、伝えず心の中に閉まっておく「好き」の違い』

2020年2月16日 09:00

男性が彼女に伝える「好き」と、伝えず心の中に閉まっておく「好き」の違い

目次

・男性が彼女に伝える「好き」と、伝えず心の中に閉まっておく「好き」の違い
・人は「分かりやすいもの」に対して「好き」と伝える生き物
・「好き」って言われていればそれでいいのか問題
・「好き」って言われるだけじゃなくて、「好き」って思われる彼女にもなろう
・安心させてくれる
・仕事を尊重し、応援してくれてる
・「安定感」がある
・「他の女性とは違う部分」を持つ
男性が彼女に伝える「好き」と、伝えず心の中に閉まっておく「好き」の違い


どうもあかりです。タイトルにもあるとおり、私たちが異性、とりわけ恋人に対して感じる「好き」には大きく2種類あると思っていまして、それが「言葉に出して伝える『好き』」と「言葉には出さない『好き』」なんですよね。

いわゆるモテテクや愛されテクといったものは、基本的に前者の「好き」をもっとたくさんもらえるようになることを想定したものだと思うんですが、今回は、「言葉には出さない『好き』」の大切さについて認識をしてもらった上で、実際にこのタイプの「好き」も彼からたくさんもらえるような女性になってもらいたいと思います。

■男性が彼女に伝える「好き」と、伝えず心の中に閉まっておく「好き」の違い

男性が彼女に伝える「好き」と、伝えず心の中に閉まっておく「好き」の違いについて簡単にお話してみようと思います。

■人は「分かりやすいもの」に対して「好き」と伝える生き物

人は基本的に「分かりやすいもの」「目に見えるもの」に対して「好き」という感情を積極的に表現する生き物です。

恋愛では、基本的に彼氏から「好き」と言ってもらえるのは「分かりやすい言動」「目に見える言動」であることが多いです。

かわいい服を着てみたとか、彼氏にキスをしてみたとか、彼氏にプレゼントをあげたりとか、手料理を作ってあげたりとか、彼女のそういう「分かりやすい」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.