生え際大丈夫? 女性がすべき頭皮と髪のケアまとめ

(c)kei907 - Fotolia.com

生え際大丈夫? 女性がすべき頭皮と髪のケアまとめ

女性もホルモンバランスが崩れると髪に大きな影響を与えます。まだ若いし、大丈夫と思っていても要注意。20代、30代からの頭皮ケアが将来の健康な髪の毛の土壌になります。特に汗ばむ季節には気を付けたいものです。手遅れになってから慌てる前に、頭皮と頭髪ケアの方法をまとめてみました。

生え際が薄くなって来た? 頭皮にできるケアとは?

女性の薄毛には酸化が大敵!? 健康的でツヤツヤな毛髪をキープする秘訣最近入浴中に流れる抜け毛の量が増えた、出産後に髪の毛が薄くなった気がする、髪の毛の様子がなんだか今までと違う! と感じてはいませんか? 髪の毛は環境や身心の影響を過分に受けやすく、ライフステージが劇的に変化することの多い30代も抜け毛対策のヘアケアに気を配っておきたいところ。加齢による抜け毛トラブルを最小限に抑えるべく、事前のお手入れによって健康な髪を維持しましょう。薄毛が手遅れになる前に、今からできるデイリーケアをお伝えします。薄毛は遺伝? それとも怠惰な生活? 女性の薄毛の原因とは■一番の原因は「毛穴の酸化」?抜け毛や薄毛の原因は一般的に、生活習慣やストレス、遺伝…といったさまざまな要因が…
女性の薄毛対策!クリニックで行われている治療方法の種類とは?薄毛治療の流れについて基本的に薄毛治療を扱うのは、皮膚科での診察になりますが、最近では女性専用の頭髪外来やクリニックも徐々に増えてきているそうです。ここでは薄毛治療までの流れについてご紹介します。【薄毛治療の流れ】1.カウンセリング診療はカウンセリングからスタートします。病気の有無・服用中の薬・飲酒や喫煙習慣など生活習慣を主に確認していくそうです。なお、妊娠中や授乳中の方は治療を開始することができません。2.写真撮影カウンセリングを終えたら、頭頂部・額の生え際など気になる部分を中心に頭髪部分の写真を撮影します。3.診察専門医による診察(問診・触診)が始まります。抜け毛の量・頭皮の状態などを確認…
抜けてからでは遅い!?30代から始める「薄毛予防」ホームケア排水溝に溜まる髪が増えた気がする。ドライヤーで髪を乾かすと、洗面台に髪が落ちやすくなった。分け目やつむじ周りが気になり始めた。・・あれ?抜け毛が増えてきたかも・・・!多くの人が抜け毛を感じ始めるのは、30代後半。未然に防ぐには、30代前半からケアを始めることをおすすめします。とはいえ、何をすればいい?そこで今回は、薄毛を防ぐホームケアをご紹介します。重要なのは「栄養摂取」と「血行促進」薄毛を防ぐには、健康的な頭皮状態を維持して元気な髪を生やすこと。普段から細胞の材料であるたんぱく質や代謝を高めるビタミン・ミネラル類を不足させないようにしましょう。また、栄養素を運ぶ血液が十分に運ばれないと、せっ…
遺伝だけじゃない!知っておきたい「女性の薄毛」原因と対策男性の悩みと思われがちで、なかなか人に聞きづらい女性の薄毛の悩み。実は20代の女性でも、薄毛に悩んでいる人が増えているそうです。遺伝や生活習慣など、原因となるものにはいろいろ考えられますが、食事やツボなど、有効とされる対策もいろいろありますよ。そこで今回は、女性の薄毛の原因と対策についてご紹介したいと思います。女性の薄毛の主な症状女性の薄毛や抜け毛には、主に4つの症状があります。(1)瀰漫性(びまんせい)脱毛症最も一般的な薄毛の症状とされ、全体的にボリュームが減り、特に頭のてっぺんが透けて見える症状をさします。原因は加齢、ストレス、睡眠不足などのさまざまなもののほか、女性ホルモンの分泌量の低下…
女性の薄毛におすすめの育毛シャンプーの選び方と抜け毛対策男性ばかりでなく、女性もひそかに悩んでいる薄毛や抜け毛。女性の場合は加齢によって女性ホルモンが減少する30代ごろから、髪のハリやコシが失われたり、薄毛や脱毛が起こりやすくなったりします。しかし、最近は20代でも悩みを訴える人が増えてきています。女性の多い薄毛・抜け毛の原因や、薄毛対策としての育毛シャンプーの選び方と正しいシャンプー方法、そのほかの抜け毛対策などについてご紹介します。髪の毛に関して多い女性の悩みとは女性の薄毛・抜け毛は、男性に多いAGA(男性型脱毛症)とは発症のメカニズムが異なります。女性に多い髪の悩みとして、以下のような特徴を上げる人が多くいます。髪のボリュームが全体的に減って…

いつまでも健康的なうるつや髪に

”シャンプー前”の「ブラッシング」が”髪質”を変える!オススメブラシ&頭皮ケア!女性ならば、長い髪の方はもちろん、短い髪の方でも、ブラシを使用して、ブラッシングしますよね。このブラッシングをシャンプー前にも行っていますか?美しい髪を手に入れるためには、毎日継続して行うことがオススメです。汚れを取り除き、マッサージ効果も期待できるブラッシングを実施しましょう!シャンプー前の「ブラッシング」で髪質が変わる!ブラッシングには、髪の毛のホコリをとったり、汚れを取り除いてくれます。こうすることで、毛髪環境が整いますから、シャンプーも行いやすくなります。そして、ブラッシングがマッサージ効果も期待でき、髪全体にしっかりと栄養が行き渡るようになります。”髪質”を変える!オススメの「ヘアブ…
エステティシャン直伝!凝りが取れる簡単な「頭皮マッサージ法」「なんだか頭が重くてスッキリしないなあ」と感じたことありませんか?そんな時にチェックして欲しいのは頭皮の凝り。頭皮の凝りは肩凝りや首凝り、そして眼精疲労などから始まります。頭皮が硬くなってしまうと、頭皮の血行不良が起き、毛髪に栄養が行き渡りにくくなったりもします。それに、人間は体・顔・頭と一枚の皮膚で成り立っているので表情筋にも影響を与えます。ですから、体や顔のマッサージと同じように日頃から頭皮のマッサージも一緒に行いましょう。今回は、簡単に行える頭皮マッサージ法をエステティシャンの筆者が伝授します。■頭皮マッサージの注意点・頭皮はデリケートな場所ですので長時間行わず、約5分を目安に行いましょ…
美髪への近道は頭皮のケアから! 正しいシャンプーのやり方とは「髪の艶やかさで年齢がわかる」と言われるくらい、女性にとって髪は大事な存在。だからこそ、普段からシャンプー剤やトリートメント剤にこだわりを持っている方も多いはず。では「正しい髪の洗い方」についてはいかがでしょうか?正しく洗髪することでお使いのシャンプー剤の効果がUPするのはもちろん、気になる頭皮のニオイを防げたり、健やかな髪を生やしたりとその効果は絶大です!■美髪は作れる!実践したい正しいシャンプーの仕方プロに聞いた正しいシャンプー法を実践して、美髪を育てましょう!STEP1:お湯で洗い流す髪を濡らすのはシャンプー剤をつけるためではなく、汚れを落とすため。お湯で流すだけでも皮脂や汚れは十分に落…
頭皮が汚いとおブス化する?しっとり美しい髪をを育てる「頭皮ケア」髪型やヘアケアが気になる!髪の傷みに悩んでいる!という人は多いでしょう。でも、頭皮のことまで考えている女性は意外と少ないかもしれません。実は頭皮のせいでおブスに見えることもあるんですよ!ご自身に当てはまっていないか、以下チェックしてみてくださいね。1:頭皮は健康な髪を生やす土台シャンプーする時に、髪ばかり洗っていませんか?実は、むしろ頭皮をしっかり洗うことが大切なんです。頭皮はいわば畑のようなもの。健康な髪を育てる土壌なので、清潔にしておくことが重要であり、頭皮の毛穴のつまりは健康な髪の大敵です。「私はきちんと頭皮を洗ってます!」と胸を張って言える人は少ないのでは?最近は頭皮をクリーンにするシ…
【あなたは大丈夫?】控えるべき抜け毛・育毛ケアについて【やってはいけないヘアケア】あなたの育毛ケアは大丈夫?「よかれ」と思ってやっているいつもの育毛ケアがかえって悪い影響を及ぼす可能性も…!?心当たりがある女性は是非チェックしてみてください。【スーッとする育毛剤を使用】「スーッ」とした刺激的な育毛剤は頭皮の熱が瞬時に奪われるため、毎日のように繰り返し使用していると急激な温度変化から守ろうとする脳の保護システムが働き、頭皮が次第に厚く固くなりやすいため、結果的に抜け毛が増えやすくなると言われています。【頭皮を叩くようにマッサージ】ブラシなどで頭皮をマッサージをすると毛細血管を含む皮下組織を傷つけてしまうことがあります。【高周波・低周波を流す】高周波…
あの人の髪がキレイなのはナゼ?美容師が教える“美髪の秘訣”美しい髪は頭皮から髪の毛は生えてくる時点での髪の質が、その後の美しさに深く関わってきます。生えてくる時点でいかに上質な髪の毛にしておくか、、、そこで重要になってくるのが「頭皮」なのです!頭皮が疲れると頭皮は栄養が1番最後に使われる場所です。「加齢」「生活習慣」「ストレス」などで血行不良を起こすと栄養が行き渡らず、、、・ボリュームがでない・髪の毛がうねる(癖が強くなった)・抜け毛が増えた・白髪が増えたなどの症状が起こります。前髪がペタンとしてしまう、、という方も頭皮の疲れが原因かもしれません。これらの症状にこそヘッドスパが有効なのです!ヘッドスパの効果とは?・リンパを刺激しながらのマッサージで頭…
美髪もボリュームアップも両方叶う!オトナ女子におすすめしたい"本当にいいシャンプー"は?髪の悩みが増え始めるオトナ女子中村猛 @namusanderエイジングサインが見え始めるオトナ女子になると、意外に悩みが出やすいのが髪ではないでしょうか?髪が細くなるので根元が立ち上がりにくくなり、スタイリングしてもすぐにペシャンコになりやすくなります。抜け毛が増えると全体のボリュームが減ったように感じることもありますね。また、少しずつ出始めた白髪をカバーするためにヘアカラーが習慣になる方も増え、髪のダメージも見逃せないですね。昔に比べて髪がまとまりにくいと感じることもありませんか?加齢に伴って、うねり毛が増えるのでスタイリングもまとまりにくく、ツヤも低下しがちになってくるんです。悩みのつきな…

頭皮のニオイやかゆみ…トラブルには

これからの暑い季節になると気になる“頭皮のニオイ”。頭皮の嫌なニオイの原因と予防法を徹底解説!乾燥が気になる寒い冬も終わり、これからはどんどんと暑くなってくる夏の季節がやってきます。すぐに汗をかきやすくなる夏は、頭皮のニオイも気になってしまいます。そんな暑い夏でもニオイを気にせず爽やかに過ごすための、頭皮の嫌なニオイの原因と予防法をご紹介します!これからはニオイが気になる季節に出典:Shutterstockもうすぐ訪れる暑い夏。寒くて汗もかくことのない冬の時期にはあまり気にしていなかった体のニオイも、ちょっとしたことで汗をかきやすくなっている夏の時期になると急に気になりだしてきますよね。体や顔といった場所であれば、多少汗をかいてもタオルで拭き取ったり、制汗スプレーを使ったりなどしてある…
サンマより臭い!? 女性の頭皮のニオイを防ぐ方法3つ夕方のオフィス、デスクワーク中に頭上から話しかけられたなんてシチュエーション。頭がニオっていないか不安になりませんか?もし、わたしの頭、ちょっと臭いかも……と自覚しているのなら、確実に相手にもニオっています。スカルプDによると、20~30代女性のシャンプー後24時間の頭皮の臭気は「59」。生さんまが「44」なので、洗ってから1日たった頭は、かなりニオっていると考えてよさそうです。そこで今回は、これから汗ばむ季節に向けて気をつけたい、頭皮のニオイを防ぐ方法についてご紹介します。ニオってない?まずは頭皮の状態をチェック!今まで気にしたことがなかった人も、こんな人は要注意。頭皮がニオっている可能性が…
嫌なニオイを寄せ付けない、健やかな頭皮にするための簡単ケア  頭皮のニオイが気になって自信が持てない…脇や足、口などはドラッグストアなどで売られている制汗剤や足用のデオドラント、マウスウォッシュなどで手軽にニオイケアをすることができますが、頭皮のニオイを改善するアイテムはなかなか見かけませんよね。頭皮は皮脂腺が多く、汗をかき皮脂が分泌されて頭皮環境が悪くなってしまいがち。頭皮のニオイケアをして自信を取り戻してみませんか? 頭皮環境を整えることがニオイ対策のポイント頭皮のニオイは、毎日のヘアケアや生活習慣で徐々に改善することができます。まずは、頭皮をゴシゴシ洗いすぎないこと。頭皮のニオイや頭皮のベタつきが気になっていると、シャンプーでゴシゴシ洗い過ぎてしま…
【あなたもこれでお悩み解決】痒み、ニオイ、抜け毛…頭皮環境は洗い方で変わる!頭皮のお悩み「頭皮がかゆい」「夕方になると頭皮が臭う」「抜け毛が多くなった気がする」「フケが出る」お客様からは頭皮の悩みが多く聞こえます。ほとんどの方が自分に合ったシャンプーを知りたいと仰いますが、実はシャンプー剤の前段階である、予洗いの方が重要となります。シャンプー時の大切なポイントみなさん自分の予洗いを意識したことありますか?自分が思ってる以上にこの予洗いが大切なポイントとなります。1日の頭皮の汚れは予洗いをしっかりするだけで8割は落ちると言われています。あくまでシャンプー剤は補助剤として使ってもらい、汚れはお湯で確実に流すことが大切なのです。それを知らない方の予洗いの時間は人それぞれです…
女性の約8割が自覚!かゆみ・ニオイ・乾燥・ベタつき…「気まぐれ頭皮」とはオーガニックシャンプー「スカルプD ボーテナチュラスター」シリーズの製造・販売をおこなうアンファー株式会社では、このたび、15~39歳の女性500名を対象とした「頭皮」に関する意識・実態調査を実施。調査の結果、女性の約8割が、日によって状態が異なる「気まぐれ頭皮」を自覚しているという事実が判明した。7割以上の女性が「自分の頭皮の状態が気になったことがある」はじめに、「自分の頭皮の状態が気になったことはありますか?」と聞いたところ、実に71%もの女性が「ある」と回答。具体的な回答としては、「かゆみを感じる」(95%)、「ニオイが気になる」(77%)、「ベタつきを感じる」(74%)、「乾燥する」(…
春夏の頭皮のかゆみは雑菌のせい!? 現役美容師が教えるケア3STEP春から夏にかけての季節に「なんだか頭皮がムズがゆくなるなぁ……」と思ったことはありませんか?勉強している時や仕事中についつい頭をポリポリしてしまうこの季節。原因は実は「雑菌」と関係しているかもしれないのです!その原因とケアの方法を、美容師免許を持つ現役ヘアスタイリスト、チヒロさんが伝授してくれます。頭皮のかゆみの原因は雑菌だった!?Q. 春夏に頭皮がかゆくなってくる主な原因は何なのでしょうか?A. 実は頭皮は春夏に限らず一年中かゆみを生み出しやすい状態にあります。頭皮には10万本の毛髪、同時に毛穴があります。毛穴には汗腺と脂腺がついていますので、毛穴から一緒に汗と脂が出て来るようなイメージをし…
【保存版】フケとかゆみで辛い人必見!自宅でできるフケ予防法5選フケの正体は何?肩や背中にパラパラと落ちてくるフケ。頭皮がただれ、かさぶたのような大きなフケがボロボロとはがれ落ちる場合もあります。そんなフケをどうにかしようと、朝シャンがいいと聞けば試してみたり、フケ用シャンプーを使ってみたり。そんな試行錯誤を繰り返すも、症状が治まらなかったら……。「どうして自分だけ?」とさらに落ち込んでしまいますよね。そもそもフケって何からできているか知っていますか?フケの正体は、肌を爪でひっかくとはがれてくる垢と同じ、皮膚の角質と言われています。人の皮膚はターンオーバー(新陳代謝)により、約28日間で自然と剥がれ落ち新しく生まれ変わります。スムーズにターンオーバーが行わ…
頭皮のかゆみ、放置してない?必ずやっておくべき、頭皮ケアは?なんだか最近頭皮がかゆい…。その原因はいくつかありますが、もしかしたら空気が乾燥していることが原因の場合もあります。そこで今回は頭皮ケアとして必ずやっておくべき、オススメ方法をご紹介。必ずやっておきたいこと①:すすぎ残しのないようにするシャンプーを使用した後、自分の髪全体を鏡でパッと見ただけで、「もう洗い流せただろう」と思い、それほどすすいでいないという方もいるのではないでしょうか。しかしこれが、かゆみの原因にもなります。きちんと落としきれていない、毛穴の汚れ、皮脂などが頭皮に残ってしまう原因になりますので、必ず手で髪の毛を触ってシャンプーのぬめりがないのかを確認して、きちんとすすぎ残しがない…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ビューティまとめ

新着まとめ

人気ビューティまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.