大切なわが子の安全を守るため…子どものための防犯対策まとめ

(c)hakase420 - stock.adobe.com

大切なわが子の安全を守るため…子どものための防犯対策まとめ

いつ何が起こるかわからない世の中。不穏なニュースを聞くたびに、子どものことが心配になるのは世の親の常だと思います。とくに最近は交通機関の発達などにより子どもだけで移動する範囲も広くなったため、より防犯対策が必要になったと感じる方もいるのではないでしょうか。そこで、子どもの防犯対策についてまとめました。

おすすめ防犯グッズ

防犯グッズで子どもの安全を守ろう新入生も通学に慣れてくる時期ですが、通学時の子どもの安全が気になります。万が一何か起こった時のために防犯グッズは持たせておきたいですね。どんな防犯グッズがあるのか知っておきましょう。大音量ブザーのものが主流通学時はランドセルを背負っている子がほとんどですので、防犯グッズもランドセルに固定するタイプのものが多く出ています。ひもを引くことで大音量のブザー音が鳴り周囲に危険を知らせるタイプです。価格は数百円から2~3千円程度と様々ですが、安価で軽いものに人気があります。価格以外で目安となるのは、警告音の大きさです。おすすめの音の目安は、電車が通る際のガード下の音と同様の100デシベル前後とされていま…
警察官がレクチャー! いざというとき役立つ防犯グッズの選び方と注意点【相談者:20代女性】少し前、友人が路上で痴漢にあいました。人通りは多くないけれど、夜道でもない普通の住宅地だったとのことで、とても怖かったそうです。話を聞いて、自分も防犯グッズを持とうと思うのですが、いろいろと種類があってどんなものがいいかわかりません。●A. いざというときのためにも購入しておこう!こんにちは、ライターの佐原チハルです。痴漢といえば、混雑した電車内を思い浮かべる方も多いかと思いますが、襲われる可能性があるのはそれだけではありません。空いている場所でも、路上やお店の中でも、狙われてしまうことはあるのです。「たかだか触られるだけ」という言われ方をすることも多いですが、痴漢はとて…
子供用おすすめ防犯ブザーは防水・GPS機能付き?おしゃれでかわいい人気の10選どこへ行くにも親と一緒だった保育園・幼稚園時代から一転、小学校へ上がると子どもだけで行動する機会が一気に増えます。幼い子供をねらった卑劣な犯罪が後を絶たない近年、わが子が犯罪に巻き込まれないかと心配するパパ&ママも多いはず。そこで子どもを守るために知っておきたい防犯ブザーの使い方や選び方、人気のアイテムをご紹介。万一に備えて、親子でしっかり対策を!防犯ブザーはなぜ必要?防犯ブザーを持たせる目的は、不審者に連れ去られそうな危険が近づいたときに、周りに音を知らせるため。昔は誘拐といえば裕福な家の子どもをねらった身代金目的の犯罪でしたが、最近ではわいせつや監禁目的の誘拐が目立ちます。これは誰でもねら…
絶対持たせたい!子ども用防犯ブザーの選び方と使用方法子どもが成長し、一人や子どもだけで出歩くようになると心配なのが防犯面。特にこの時期は暗くなるのが早いので心配もひとしおです。身を守るグッズとして防犯ブザーを携帯している小学生がほとんどだと思います。防犯ブザーはどんなものを選んだら良いのか、また正しい使い方について知っておきましょう。たくさんある、ブザーのタイプ防犯ブザーは、危険を感じた時に使用すると大きな音が鳴り周囲に身の危険を知らせたり、不審者をひるます効果があります。使用する際は、ひもを引くものやボタンを押すもの、ピンを抜くものなど様々なタイプがあります。人気の商品は千円前後のものです。笛やLEDライトがついた多機能タイプのものも人気です…

子どものための防犯、気を付けるべきポイント

親子で防犯対策(1)外を歩くときのポイント子どもを狙った犯罪や事件、心配ですよね。そこで、子どもが自分の身を守るために今からできることを、安全教育のエキスパートの清永奈穂さんに教えていただきます。今回は「外を歩くときのポイント」です。講師:清永奈穂(NPO法人 体験型安全教育支援機構 代表理事)小さいころから、危ないことに気がつく力、乗り越える力をつけましょう!0~2歳のころからできることは?乳幼児の時期は、危険なことを乗り越えたり、身を守ったりするための安全の基礎体力をつける大事な時期です。まずは、親子で積極的に散歩に出かけて、地域を知ることが大切です。地域にある「危ない場所」も知っておきましょう。「危ない場所」ってどんなところ?危…
わが子の通学路は大丈夫? いまこそ確認したい防犯チェックポイント小学生になると親が送り迎えをせず、子どもだけで登校するようになります。通学中に事故に遭わないかと交通量の多さなども気になりますが、防犯面もチェックしておきたいところ。新1年生はもちろん、2年生以上でも、あらためて通学路の安全性を見直しましょう。■ひと気の少ない道には危険がいっぱい!?悲しいことに、子どもが事件に巻き込まれるニュースが増えてきました。今日は大丈夫でも、ある日突然、犯罪者が現れるかもしれません。わが子を守るためにも、子どもがどのような道を歩いているのか、親の視点でチェックしていきましょう。・通学、帰宅時間の人通りの多さを確認住宅街の場合、日中は誰ともすれ違わないかもしれません。それ…

防犯教育も大切!

防犯グッズよりも大事なこと! 子どもに対する「防犯教育」あなたはできていますか?【パパママの本音調査】 Vol.47防犯ブザーやキッズ携帯など、子どもに対しての防犯グッズが注目される中、子どもたちへの防犯教育はどうしていますか? 防犯グッズよりもまずは子どもたち自身に危機感と対処法を教えることが大切なのかもしれません。みんなどれくらい救育しているか調査してみました。Q.お子さまにどれくらい防犯教育をしていますか?1.定期的にしている   20.1%2.時々している …
安全インストラクターが伝授! 子どもの「安全力」を高める親子のコミュニケーション術 [PR]まもなく新年度です。入園入学、進級、引っ越し、習いごとや塾通いをはじめるなど、新しい生活への期待が膨らむ一方で、ちょっとしたドキドキや不安を感じているママもいらっしゃるかもしれません。新生活を控えるこの時期だからこそ、子どもが安心して過ごせるよう、防犯についてあらためて考えてみませんか?安全インストラクターの武田信彦さんに、普段から子どもに教えておきたいこ…
子どもの防犯対策、どう教える? ママが家庭でできることとは【子育ては毎日がたからもの☆ 第19話】ある日、寝る前に戸締りの確認をしていた時のことでした。なぜかお姉さんに全面的な信頼を置いているらしい娘。「悪いことをする人が、必ず悪そうな見た目とは限らないんだよ」と過去の犯罪者の写真を検索して娘に見せました。「こんな優しそうな人も…!?」と怖がる娘。思い返せば、以前こんなこともありました。そう伝えると、娘はとてもショックを受けているようでした。うちの娘だ…
いちばんコワイのは火事!「子どもだけで留守番」の時に親が教えるべき防犯対策5つ春休み仕事をしている筆者にとっては、子どものに留守番をさせることが度々あります。「日中、もし犯罪や火災などの不慮の事故に巻き込まれたら…」、家にいる子どもをどのように守ればいいのかと、怖く感じる時期でもあります。今回は、筆者が気をつけている防犯・防災対策のポイント5つをまとめてみました。プラナ / PIXTA(ピクスタ)■ 火事&犯罪!…
“不審者”ってどんな風に教える? 子どもの安全を守るために考えたこと子どもが小学校に上がると、学校から防犯対策のことを習ってきます。「いかのおすし」という標語を使って、知らない人に声をかけられたときの対策を教えてくれたのですが~…出典 : Upload By じゃがころ出典 : Upload By じゃがころ「挨拶は知らない人でもしていいんだよ」って言いましたが、子どもにはその加減が難しいようです。普段から顔を知ってたら安…
オートロックでも危険!? 子どもの身を守るために教えたい防犯対策5つ夏休み後半戦、保育園児の送り迎え、小学生の学校活動や習い事の送り迎えに奔走中のライターのNANARUKAです。汗だく息切れの毎日ですが、子どもたちの安全を守るためにもまだまだ頑張ろうと思います!今回はそんな“子どもの安全”について、 誰にでも起きる可能性のある“連れ去り”や“性犯罪”“交通事故”について、子どもが巻き込まれやすいシチュエーション、注意すべき…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワードの記事一覧を見る

関連くらしまとめ

新着まとめ

人気くらしまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.