子どもと一緒に! お弁当を持ってアウトドアでピクニックランチ

(c)milatas - Fotolia.com

子どもと一緒に! お弁当を持ってアウトドアでピクニックランチ

晴れた休日には、お弁当を持ってアウトドアでピクニックランチするのもいいですね。でも、お弁当作りをはじめ、準備をするのはいつもママばかり…。それでは楽しいピクニックも準備が捗らないというものです。せっかくですから、子どもにも手伝ってもらって、楽しく仲良く準備をしませんか? 子どもと一緒に楽しくアウトドアで食事をするため情報をまとめました。

家族でのピクニックはメリットがたくさん!

子どもの学びの場に!? 家族でピクニックへ行くメリットと準備すべきものこんにちは。メンタルケア関係を中心に執筆しているメンタルケア心理士の桜井涼です。気候が良くなるこれからの季節、家族で日帰りで楽しめるピクニックは、本当におすすめです!親子共々楽しめ、ストレス解消になり、運動不足の解消もできます。また、非日常を感じることができる上、子どもに“生きる力”をつけることができるという、メリットの多いものだと考えています。●ピクニックとはピクニック=戸外(野山など)に出かけて行って楽しむことです。お弁当やおやつなどの食料を持って、外で食べる・外で活動することにより、非日常の気分を味わえます。“非日常”は、いつもと違う環境です。外のきれいな景色を見たり、新鮮な空気を吸った…

子どもに手作りお弁当箱を作ってもらうのはいかが?

ダイソーの100均プラ容器をかわいくデコってピクニックやBBQに!家族や友だちと一緒にピクニックやBBQにでかけるのが楽しい季節になりました。子どもとの外出は荷物が多くなりがちなので、お弁当や食材を入れるのは軽量な100均のプラ容器がおすすめです。でもそのまま使うのはちょっと味気ないですよね。そこで、同じ100均で売られているアイテムを使った、簡単でかわいいプラ容器のデコを紹介します!(今回は容器もアイテムもすべてダイソーで購入しました)プラカップは丸ラベルでドット柄にお菓子を小分けにしたり、ソースやサラダを入れるのに便利なプラカップ。事務用品の丸ラベル(極小)を貼って、ドット柄の容器に変身させました。今回購入した丸ラベルは5色が各5シート入っていたので、全…

ピクニックだからこそ手軽で簡単なお弁当を持っていこう

みんなでワイワイ! 即席サンドイッチ ~ママとキッズの楽しいピクニック術~暑すぎず、寒くもなく、絶好の行楽シーズンの今日この頃。晴れた日はお子様と一緒にピクニックに出かけませんか? いつも通っている公園でも、少し…
ピクニックのお弁当に入れたい!簡単「作りおきおかず」3選初夏は、屋外でピクニックをする機会が増えますよね。気持ちのよい芝生を走り回ったあと、子どもたちはお腹ぺこぺこ!そんなときのお弁当はどんなメ…
ピクニックのおやつにいかが? ホットケーキミックスで簡単ケークサレ甘くないパウンドケーキ、ケークサレ。ホットケーキミックスを使えば、見た目もかわいいこんなおやつが簡単につくれちゃいます。ふだんのおやつには…
《春だ!ピクニックへ行こう♡》親子で楽しむ“お花見”レシピ&公園遊びのお手軽お弁当!お花見シーズン到来♪ お弁当持ってピクニックに出かけよう!日に日に暖かくなり、木々の緑が鮮やかになってきましたね。桜も咲き始めて、家族やお…
桜を見ながら頬張りた~い!「おにぎり」簡単アレンジ3つ4月6日:今日は「天塩 塩むすびの日」暖かくなって桜も咲きはじめて…朝から春を感じる日が続きますね!桜といえば、やっぱりお花見やピクニック…
【絶品】お弁当にぴったり!美味しいサンドイッチレシピ8選春になり暖かくなってきたので、ピクニックにぴったりの季節ですよね♪そこで大活躍なサンドイッチの美味しいおかずアイデアをまとめました!お弁当…
【ピクニックに行こう!第4回】ファミリーで楽しむお手軽ランチメニュー[PR]眩しい青空が広がる新緑の季節。週末になると外に出ないともったいない!と感じるほどのシーズンになりました。「ピクニックに行こう!」連載、前半…

ランチはお店を利用するのもアリ!

手ぶらで贅沢ピクニック! デイタイムグランピングを楽しめる 『PICNIC』が横浜にオープン日本でも “グランピング Glamping (Glamorous Camping から派生した造語)” という言葉をずいぶんと耳にするようになりました。でも実際に体験したことのある方は、まだ少ないのではないでしょうか?大自然に行かずとも、心地よい空間と素敵な演出、そして美味しいものがあれば、気軽にグランピングが楽しめるのでは? そんなコンセプトで横浜に誕生したのが『PICNIC』(ピクニック)です。新しいスタイルのデイタイムグランピングを提案しています。グランピンググッズを借りて、好きな場所で自由にピクニック! 『PICNIC』は普通のレストランではありません。訪れたゲストが思い思いの場所で…
親子で楽しむカフェ&スタジオ「ピクニック カフェ ワンガン ズー アドベンチャー」東京・勝どきに誕生2015年2月27日(金)、親子でピクニック気分を味わえる国内最大級の家族向けエンターテイメントカフェ&スタジオ「ピクニック カフェ ワンガン ズー アドベンチャー(Picnic Caf� WANGAN-Zoo Adventure)」が、東京都中央区勝どきにオープンする。[ この記事の画像を見る ]「ピクニック カフェ ワンガン ズー アドベンチャー」には、「登る・泳ぐ・隠れる・くぐる・飛び跳ねる」ができる高さ約6メートルの大型立体遊具「ズーアドベンチャー(Zoo Adventure)」や、実寸大の動く動物モニュメントの展示など、子供が喜ぶ仕掛けが盛り沢山。子供たちが施設で遊んでいる間も両親に…

ファミリーピクニックに便利なオシャレでかわいいアイテムご紹介

マステで虫よけ!? 子連れレジャー向けオシャかわ最新アイテムキャンプにバーベキュー、ピクニック、潮干狩りなど、子どもと一緒に自然の中でのアクティビティを楽しむのにぴったりの季節がやってきました。そんな屋外でのレジャーにあると便利で、しかもコンパクトだから持ち運びがラクラクな、子育てファミリーにうれしいアイテムを集めました。週末のプチアウトドアにはもちろん、夏のおでかけにも活躍すること間違いなしです!■虫よけ効果が期待できる? マスキングテープの新提案文具としてはもちろん、デコレーションからクラフトまで幅広い用途で愛されているマスキングテープが、さらに進化。香りつきのマスキングテープがお目見えしました。マークスからこの春登場した「アロマが香るマスキングテ…
【ピクニックに行こう!第6回】ファミリーピクニックを盛り上げるアイテムまとめ[PR]ピクニックに行こう!特集、最終回となる本日は、「かゆいところに手が届く!?あると便利なファミリーピクニックアイテム」をご紹介します。くつろぎの拠点を作ろうピクニックで大切なのは心地よく過ごせる空間を作ること。木漏れ日が心地よい木の下のスペースを見つけたら、そこにラグを敷きましょう。今回使用したラグは北欧「Finlayson」のストローラグ。軽量で持ち歩きがしやすく、気軽に持ち歩けるのが魅力。日本の伝統的な畳織機から作られているので、適度な弾力があり素足でも気持ち良い質感です。→北欧ストローラグ紫外線が気になる季節、ひとつあると重宝するのがポップアップテント。荷物の目隠しにもなるし、食後ちょっと…

大自然で満喫しちゃおう!アウトドアを快適にするアイテム

大自然にリビングを!コールマンの「グランドスタイル」で快適アウトドアコールマン ジャパン株式会社は2月下旬、家族でのピクニックやハイキングなどに使えるグランドスタイルの新商品5点を発表した。グランドスタイルとは、地面にレジャーシートを敷いて楽しむ、リビング感覚のレジャースタイルのこと。ポップな色合いが、女性同士や子連れでのピクニックをより一層楽しいものにしてくれる。商品展開は、ワンタッチで広がる「ポップアップテント」(14,710円)、8人がテーブルを囲める210×210cmと大判の「レジャーシートワイド(写真掲載品)」(4,410円)、おしゃれな座いすとして活躍する「コンパクトグランドチェア」(3,255円)、真空構造で保冷・保温力の高いカラーマグ「マグメイ…
フライング タイガーからピクニックにピッタリな新作アイテム - ハンモックチェアやランチボックスなどフライング タイガー コペンハーゲン(Flying Tiger Copenhagen)より、ピクニックにピッタリな新作アイテムが多数登場。2016年6月24日(金)より、「Have a Picnic Party ~ピクニックパーティーのエキスパートになろう!~」をテーマに、各アイテムを展開する。新たに発売されるのは、キッチンアイテムやプレイグッズ、フルーツモチーフもアイテムなど、計206点。ブーメランやスローイングゲームで盛り上がるのもよし、ハンモックチェアやランチボックスを持ち寄って、ゆったりした時間を過ごすのもよし。数多くのアイテムの中から、好みの一品を店頭で見つけてみてほしい。【詳細】「…
アウトドアにもっていきたい。優雅なひとときを演出するグッズ梅雨が明けたら夏はすぐそこ。BBQやピクニック、キャンプなど、アウトドアの計画をたてているひとも多いのでは? 今回はふだん使いはもちろんのこと、アウトドアにも使いたいクールなグッズをmachi-ya(マチヤ)からピックアップしてみました。グランピングでの粋なコーヒータイムにmug no009700円(税抜)こだわりの極みとも言える、70s〜80s頃のコッパーグラス。新品にはない深みがかった色あいが、落ち着いた印象をあたえます。アウトドアだからといっても、プラスチックのカップではチープ感がぬぐえません。とくに優雅なひとときを楽しむグランピングでは、グラスもこれぐらいオシャレでありたいものです。ま…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワードの記事一覧を見る

関連くらしまとめ

新着まとめ

人気くらしまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.