ビューティ情報『筋トレ初心者必見!おすすめのトレーニングと継続の秘訣を紹介』

2019年9月27日 09:00

筋トレ初心者必見!おすすめのトレーニングと継続の秘訣を紹介

筋トレを始めたばかりの初心者の方でも取り組みやすいトレーニングを3種類ご紹介します。弾みをつけずにゆっくりと行うことで怪我のリスクを下げ、また正しいフォームを理解するのにも役立ちます。継続を目指して頑張りましょう!

目次

・筋トレ初心者が気をつけるべきこと
・見よう見まねでやらない
・弾みや勢いでやらない
・初心者におすすめの「脚のトレーニング」
・STEP1:椅子に浅く腰掛けて上半身を前へ倒す
・STEP2:ゆっくりと立ち上がる
・初心者におすすめの「背中&腕のトレーニング」
・STEP1:椅子に浅く腰掛けて肩を引き下げる
・STEP2:腕を後ろへ引く
・初心者におすすめの「胸のトレーニング」
・初心者でも筋トレを長く続ける秘訣
・筋トレ初心者が陥りやすいミス
・正しいフォームを理解して筋トレを継続!

笑顔の女性

筋トレ初心者が気をつけるべきこと

ダンベルを持って小首を傾げる女性

見よう見まねでやらない

最近は雑誌やテレビなどでもさまざまなトレーニングが紹介されています。しかし、脚を引き締めるにはスクワットがいい、お腹を凹ませるには腹筋運動がいい、と闇雲に真似をしても逆効果になることがあります。何故なら、正しいフォームで意識をすることができていないと偏った筋肉のつき方になる可能性があるからです。

弾みや勢いでやらない

筋トレ初心者はまだ筋力が弱いことも考えられますので、弾みをつけたり勢いで行なったりすると怪我をするリスクが高まります。関節や筋肉に負担をかけないためにも気をつける必要があります。

初心者におすすめの「脚のトレーニング」

STEP1:椅子に浅く腰掛けて上半身を前へ倒す

椅子に浅く腰掛けて上半身を倒している状態

椅子に浅く座り、足を肩幅ほどに開きます。手を頭の後ろで組み、背すじを伸ばしたまま、股関節から上体を前に傾けていきます。

STEP2:ゆっくりと立ち上がる

両腕を頭の後ろに回したまま起立

足裏で床を踏みしめ、息を吐きながらゆっくりと5秒かけて立ち上がります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.