ビューティ情報『トレーニング効果を高められる「ウォーミングアップ」のコツ』

2020年1月17日 09:00

トレーニング効果を高められる「ウォーミングアップ」のコツ

寒い時期は体が冷え切っており、その状態でいきなりトレーニングをすると、十分なトレーニング効果が期待できません。そして思わぬケガをするリスクも高まります。そこで、トレーニングを安全かつ効果的に行うためのウォーミングアップのコツをご紹介します。

目次

・そもそも「ウォーミングアップ」とは
・3つのステップから成るウォーミングアップ
・ステップ1:軽めの有酸素運動
・ステップ2:ダイナミックストレッチで全身の筋肉を伸ばす
・ステップ3:これから行う運動動作に近い動きを繰り返す
・トレーニング前はウォーミングアップをしよう

走る前のストレッチをする女性

そもそも「ウォーミングアップ」とは

ストレッチする女性

「ウォーミングアップ」という言葉をご存知の方は多いと思いますが、その意味と具体的にどんなことをしていくのかわからないという方も、少なくありません。ウォーミングアップとは文字通り、「温める」ことを意味します。では何を温めるのかというと「筋肉」です。つまりウォーミングアップとは、筋温を上げるために運動前に行う運動のことを意味します。筋温を上げることで筋肉の柔軟性がアップするだけでなく神経伝達速度が向上するため、パフォーマンス(発揮できる能力)の向上が期待できます。関連記事
冬は痩せやすい!?ダイエットを成功させるコツと過ごし方

3つのステップから成るウォーミングアップ

屈伸する女性

それではウォーミングアップでは具体的にどのようなことを行っていくのでしょう。3つのステップをご紹介していきます。

ステップ1:軽めの有酸素運動

まずは、ウォーキングやエアロバイクを漕ぐなど軽めの有酸素運動を10分程度行い、軽く心拍数を上げていきます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.