ビューティ情報『顔に比べて3~5倍以上!髪への紫外線の影響と対策まとめ』

顔に比べて3~5倍以上!髪への紫外線の影響と対策まとめ

2018年4月17日 15:00
 

体の中で一番太陽に近い位置にあるのは頭皮や髪の毛!!

目次

・体の中で一番太陽に近い位置にあるのは頭皮や髪の毛!!
・頭皮や髪の毛が受ける紫外線量は、顔に比べて3~5倍以上の量!!
・特に5月から9月頃までは紫外線量が多い日が続きます。
・天気の変化によっても紫外線量は大きく変動!
・髪が日焼けするとどうなるの?
・・キューティクルがはがれやすくなる
・・髪が乾燥して、ツヤがなくってパサつく
・・髪の柔軟性がなくなってきて、切れ毛や枝毛が増える
・髪色にも影響が!
・・紫外線がメラニンを分解するので、髪の色が褪せて赤茶けた色に!
・・カラーの色も落ちやすくなる
・頭皮への影響も大!なんと老化現象が。
・・髪の老化が進行し、抜け毛や薄毛、白髪が増えやすくなる
・美髪を保ちたいあなたにオススメ!髪の日焼け対策!
・・帽子をかぶる
・・日傘をさす(内部の色は黒や黒に近い濃い色がオススメ!)
・・UVカット機能つきのスプレー、トリートメントやスタイリング剤を使う
・・紫外線が強い時間帯の外出を避ける
・お肌も髪も紫外線対策しよう!
顔に比べて3~5倍以上!髪への紫外線の影響と対策まとめ


頭皮や髪の毛が受ける紫外線量は、顔に比べて3~5倍以上の量!!

こんなにも紫外線の影響があるにも関わらず、髪や頭皮の日焼け対策に気をつけている方は、実際にはかなり少ない様子。

顔も、すっぴんの状態で紫外線を浴びると、真皮まで届く紫外線A波(UVA)の影響でシミやシワ、たるみなどの老化現象が起きたり、表皮に強く作用する紫外線B波(UVB)の影響で炎症や赤みが起きたり、さまざまな肌トラブルの原因になることは有名な話ですよね。

特に5月から9月頃までは紫外線量が多い日が続きます。

太陽から降り注ぐ紫外線量は、一年中同じではありません。

紫外線は年中降り注いでいますが、5月〜9月にかけては、特に注意!
また、紫外線(UV−A)は、ガラスも透過するので、室内にいるときも油断しないでおきましょう。
このような時期は、しっかりとした紫外線対策がオススメ!

天気の変化によっても紫外線量は大きく変動!

晴れ → 薄雲 → くもり → 雨と天気が変化するにつれ、快晴の場合と比べて紫外線量は減少していきます。

しかし、雲があるからといって安心はできません。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.