ビューティ情報『きれいな手&爪は、高価なアイテムより「塗る頻度」が9割』

きれいな手&爪は、高価なアイテムより「塗る頻度」が9割

2018年3月6日 15:00
 

美容鍼灸師という仕事柄、手を洗う回数も、医療用のアルコールで手を消毒することも多いため、毎年冬になると、指の関節のシワが割れてしまうほどに手荒れがひどくなります。

おまけに、もともと敏感肌でもあるので、荒れやすいし治りにくいという、なかなか難儀な手の持ち主です。

見た目の美醜という以上に、手が傷だらけになって痛くなるのが嫌で、毎年ハンドケアに必死になりますが、この冬はちょっとケア方法を変えたことで、例年よりも手荒れが軽度ですみました。

目次

・ハンドケアは「クリームを塗る回数」で勝負
・やればやるだけ効果が出るネイルケア
・ハンドケアも、「継続は力なり」
Roman kraft 105792 unsplash

■ハンドケアは「クリームを塗る回数」で勝負

普通の人よりも、手を洗う回数が多い私。それは、せっかく塗ったハンドクリームを落とす回数も多いということなので、美容鍼の施術中以外では、手を洗ったら必ずハンドクリームを塗ることを習慣づけるようにしました。

回数勝負ということもあって、高級なハンドクリームよりも、どこにでも売っていて価格もリーズナブルなものを、家にもサロンにも常備して使い倒しています。

この冬初めて使った、ニュートロジーナの「インテンスリペア ハンドクリーム」は、ドラッグストアで手軽に買えるわりには保湿効果が高く、おまけに、塗ったあとの手のべたつきも気にならない優秀な一品でした。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.