2016年8月22日 21:00|ウーマンエキサイト

残暑のくすみを一掃! 即効“透明感”のつくり方【植物のおまもり Vol.10】

植物のおまもり

植物のおまもり

まわりを照らす「光のような美しさ」は “内から溢れる生命力” を抜きにしては語れません。植物の力をかりて「元気ときれいのための基本の知恵」とアイテムを、植物好きビューティエディターの神津まり江がお届…

植物のおまもり

暑さと紫外線による疲労が澱のように体に溜まり、全体的にどんよりくすんで見えてくる夏の終わり。今回はそんなくすみを払いのけ、透明感に満ちた素肌を取り戻す植物のおまもりをご紹介します。

■くすんだ肌もひと皮むけば、透明肌が顔を出す

なんだか最近、顔色が冴えない。ザラつきやベタつきも気になるし、スキンケアもなじみにくい。そんな気分がまた表情をもくもらせ、全体をくすみのヴェールで覆ってしまいます。

鏡の前で悩ましい表情の女性

(c) Spectral-Design - Fotolia.com



素肌の血色のよさと透明感は、見た目の美しさに留まらず、内からのきれいと元気のバロメーターです。けれど、夏も終わりに近づいて、体に疲労が溜まってくると、新陳代謝が低下したりめぐりが滞ったり。

そうすると肌のターンオーバーが乱れ、本来自然に剥がれ落ちていくはずの不要な角質が表面に留まり、くすみそのものとなってしまうのです。

そのまま放置しておくとシミやシワにも繋がりますから、不要な角質は時折やさしくオフして、ターンオーバーをリセットしてあげることが大切。

文字どおりつるん、とひと皮むけて肌が明るくなるのはもちろん、ターンオーバーが整うことで、新しく生まれる肌細胞が健やかになります。

シミやシワの予防にもなりますから、ふだんから10日〜2週間に1度くらいのペースで角質ケアをすれば、くすみ知らずの肌に。

顔だけでなく首とデコルテ、できれば手の甲、足の甲まで。とくに手の甲と足の甲は、ケアされていると清潔感がぐんと高まるので、ぜひあわせて行ってみてください。

■にごりがちな白目のケアも忘れずに

肌の角質ケアに加えて、もうひとつおすすめしたいのが白目のケア。テレビやパソコン、スマートフォンで日頃から酷使しているうえ、強い日差しと紫外線のダメージが重なる夏は、炎症と血行不良で白目がにごりやすく、それがまたくすんだ印象の一因になります。

肌の透明感を損なわないためにも、専用のケアでうるうるの澄んだ瞳を取り戻しましょう。では、365日透明感を保つための、頼れるおまもりをご紹介します。
神津まり江
神津まり江の更新通知を受けよう!
確認中
神津まり江
神津まり江の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
神津まり江
神津まり江の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
神津まり江
神津まり江をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
神津まり江
神津まり江の更新通知が届きます!
フォロー中
神津まり江
神津まり江の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着ビューティまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.