ビューティ情報『掻いちゃだめ!!30代ともなると「夏の虫刺され」が死活問題に?!代謝が低下した大人の秘策とは【30代のリアル美容#25】』

2019年7月26日 20:00

掻いちゃだめ!!30代ともなると「夏の虫刺され」が死活問題に?!代謝が低下した大人の秘策とは【30代のリアル美容#25】

梅雨が明けるといよいよ夏本番。夏と言えば、毎年「ブーン」と不快な音を立ててやってくる「蚊」の襲来の季節です。ここまで読んで今、「え?美容サイトで蚊って関係あるの?」と思ったそこのあなた!まだ若いのですね。羨ましい…。

代謝の低下とともに、傷や怪我が治りにくくなったと感じている大人女性であれば分かるでしょう?大人って「虫刺され」すら、うっかり掻いただけで跡になるんです。そしてその跡は、冬になってもまた夏になっても…図々しく居座り続けるもの。気が付いたときにはもう、シミと化して自分の肌の一部に…!

目次

・掻いた跡がシミになるかも?!緑・水の多い場所へ行く日は要注意
・だけど、うっかり掻いてしまったときは?
・①「バイオイル」
・②「アットノンEX ジェル」
・シミ・肌あれの原因は、全て排除するのが大人の美容


とはいえ、どんなに気を付けていても100%刺されないのは不可能だし、あまりの痒さに無意識に掻いてしまうこともある!恐ろしき“掻きジミ”を作らないためには、どうしたら良いのでしょうか。30代って、たかが虫刺されすら、美肌維持の天敵になりかねないお年頃。

野外で過ごす日は、紫外線と同じくらい気を付けたい虫刺され

掻いた跡がシミになるかも?!緑・水の多い場所へ行く日は要注意

緑・水の多い場所へ行く日は要注意
出典:GODMake.
「夏のおでかけ」となると、美容意識の高い女性であれば、ほぼ100%が紫外線ケアをしているはず。だけど、「虫刺されのケア」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.