ビューティ情報『雨の日でもキレイでいたい!湿気を乗り切るヘアケアのポイント』

2021年6月15日 20:00

雨の日でもキレイでいたい!湿気を乗り切るヘアケアのポイント

梅雨になると、湿気で髪の毛がうねったり広がったり…。なかなかキレイにまとまらず、朝から髪のセットに時間がかかってしまいますよね。

「まめにお手入れやトリートメントもしてるのに、どうしてまとまらないの?」

でもちょっと待ってください。今しているヘアケア方法は、本当に自分の髪質に合っているでしょうか?

今回は、梅雨の時期にキレイな髪型を保つポイントを紹介します。

なぜ雨の日は髪がまとまらないの!?

目次

・1.髪の水分量の問題
・2.カラーやパーマによる髪へのダメージ
・簡単ブラッシング方法
・サラサラ髪になるシャンプー方法
なぜ雨の日は髪がまとまらないの
出典:byBirth
そもそも、なぜ雨の日は髪の毛がまとまりにくいのでしょうか。主に2つの原因があります。

1.髪の水分量の問題

健康的な髪の毛の水分量は、11~14%と言われています。しかし、雨で湿度が高い日は、髪の毛が必要以上の水分を吸収してしまうのです。その結果、髪が広がってしまう事があります。

2.カラーやパーマによる髪へのダメージ

髪へのダメージも、湿気で髪がまとまらない大きな原因となります。

カラーやパーマ、アイロンや紫外線など様々な要因が、髪へのダメージに繋がります。髪の毛が傷んでいる状態で髪に水分が入ると、傷んだ髪の毛の部分が広がって、髪の毛がうねったり、まとまりにくくなります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.