ビューティ情報『「痩せにくい体質」ってあるの?心がける食事内容とは?』

2022年6月26日 10:00

「痩せにくい体質」ってあるの?心がける食事内容とは?

「痩せにくい体質」とは?

目次

・肥満遺伝子とは
・タンパク質を意識して摂取する
・食物繊維を積極的に摂取する
・脂肪燃焼効果があるものを取り入れる
・夕食は21時までに済ませる
・間食を取り入れる
痩せにくい体質
出典:byBirth
食事を食べる量が多くないのに痩せない、運動しても痩せない、という人もおられるかと思います。

そんな人は、生まれつき「肥満遺伝子」を有している可能性があります。

肥満遺伝子とは

肥満遺伝子は、エネルギー代謝に関わる遺伝子で、肥満遺伝子を持っていると基礎代謝量が低い・脂肪を燃焼しにくい、といった体質になるとされています。

基礎代謝量については、肥満遺伝子を持っていない人よりも100~200kcalほど低くなるのだそう。そのため、何をしても痩せにくいと感じることが多いのだそう。

ただし、肥満遺伝子を持っているからといって、必ず太るというわけではありません。体型に関しては、体質だけでなく、食事内容や運動、睡眠など、生活習慣も大きく影響します。

まずは、毎日する「食事」について、心がけるポイントをおさえてみてはいかがでしょうか?

「痩せにくい体質」で、心がける食事とは?

タンパク質を意識して摂取する

タンパク質
出典:byBirth
痩せやすい体質づくりには、タンパク質を意識して摂取することが大切です。

タンパク質は筋肉をつくる材料です。筋肉量は多いほど、基礎代謝量が増えて痩せやすくなります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.