ビューティ情報『焦ったとき、スマホの見過ぎに「ポジティブため息」で負担軽減』

2019年12月11日 11:00

焦ったとき、スマホの見過ぎに「ポジティブため息」で負担軽減

は、やることが押し寄せ焦っているときや、ハプニングがあって気が動転しているときにピッタリ。静まり返った水面を思い浮かべ、その水底に船のいかりを下ろしていくような感覚で、吐く息と両手の動きを同調させる。

「心の安定を取り戻し、1つ1つの物事に集中して着実にこなしていく余裕が生まれます。30秒でもいいので、朝の忙しい時間にあえて行うことで、1日が順調に過ごせるようになりますよ。焦ると周囲に対する態度もトゲトゲしいものになりがちですが、心に余裕があれば、付き合いやすい人として愛されキャラに。対人関係もスムーズになります」

■金の呼吸

スマホやパソコンの見すぎで背中が丸くなっている人は、それに伴い呼吸も浅くなりがち。「金の呼吸」で背筋を伸ばし、深い呼吸でリフレッシュしよう。

(1)まっすぐに立って、「あ゛ーっ」と体に響く声で息を吐きながら、体をねじる。
(2)息を吸いながら、最初の姿勢に戻る。
※(1)〜(2)を左右交互に行う。目安は2回ずつ。

「お金のめぐりが悪くなることを『首が回らなくなる』ともいいますが、その言葉どおり、経済状態が悪化すると首が回せなくなることがあります。医学的な因果関係ははっきりしていませんが、そこには呼吸も関係しているのではないかと考えています」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.