ビューティ情報『「紫外線は女性の大敵」は大間違い!?乳腺専門医が論文から提唱』

2020年2月5日 11:00

「紫外線は女性の大敵」は大間違い!?乳腺専門医が論文から提唱

この2つは、そのアプローチも、研究者も場所もまったく異なるものでした。それにもかかわらず、2つの論文が示すことが合致していたのです。このようなことは非常にまれで、『これはすごい!』と思ったのです」

南雲先生が驚いたのは、論文が実証していたビタミンDの働きが、「ステロイドホルモン」と同様だったこと。ステロイドはがんやアレルギー疾患、自己免疫疾患などさまざまな疾患の治療薬として使われている。この構造が、ビタミンDとそっくりなのだという。

とはいえ、やはり紫外線といえば念入りにカットするもの、というのが多くの人が認識しているところだ。南雲先生が次のように解説する。

「シミやシワの原因になると考えられている紫外線には、UV-A(A波)とUV-B(B波)があります。A波は肌に当たることで、消毒作用が働いたり、ハリも与えてくれます。一方、B波は浴びすぎると皮膚表面にやけどのような状態を起こします。ところが、B波はほとんど地上に届くことはないのです。暑い季節の一定の時間帯を除けば、私たちが浴びるのは紫外線のうち体によいA波なのです」
私たちはほとんど届いていないB波を恐れるあまり、健康効果のあるA波までシャットアウトして、そのメリットをふいにしてしまっているのだ。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.