ビューティ情報『自宅酒で予備軍1千万人に迫る アルコール依存症急増の懸念』

2020年5月6日 06:00

自宅酒で予備軍1千万人に迫る アルコール依存症急増の懸念

自宅酒で予備軍1千万人に迫る アルコール依存症急増の懸念


4月7日に発令された緊急事態宣言が、5月31日まで延長することが発表された。依然として世間は自粛ムード一色。そんななかで、アルコール依存症の増加が危惧される。

「日本には、およそ1,000万人の“プレアルコホリック”の方、つまりはアルコール依存症の予備軍がいるとされています」

アルコール依存症を含め様々な依存症問題に詳しい、大船榎本クリニック精神保健福祉部長(精神保健福祉士・社会福祉士)の斉藤章佳氏は、今回のコロナ禍により、プレアルコホリックの問題飲酒が増えることを懸念している。

多くの企業がリモートワークに切り替わるなか、都内の会社に勤務する20代女性Aさんは、現在はリモートで営業の仕事を続けている。もともとAさんの部署内では、同僚間で酒を飲む機会が頻繁にあった。

「私自身、家では、あまりお酒を飲まないのですが、同僚のなかには、お酒を飲む量が増えた人は多いと思いますよ。外で一緒に飲みに行けない分、オンライン飲み会をやっている人もいますし……」(会社員20代女性Aさん)

前出の斉藤氏は言う。

「オンライン飲み会は、つながりを確認する意味ではいいと思います。でも家にいるという安堵感から深酒してしまう人が多い。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.