ビューティ情報『40代にはイタい!若作りに見られるファッションアイテムとは【体験談】』

2020年12月2日 23:00

40代にはイタい!若作りに見られるファッションアイテムとは【体験談】

①40代には若作り過ぎると思う服
②顔色が悪く見える服
③スタイルが悪く見える服
④今の顔に似合わない服

夫も友人も、これは似合わない、これもダメと私のお気に入りの服を容赦なく切り捨てていくので、30分ほどでサクサクと仕分けが完了。夫と友人から40代の私には若過ぎという烙印を押され、手放したファッションアイテムは思っていたよりたくさんありました。

40代でサヨナラしたファッションアイテム

40代にはイタい!若作りに見られるファッションアイテムとは【体験談】


私が手放したファッションアイテムは以下のとおり。
①ミニスカート・ショートパンツ
芸能人でもない私が40代でミニ丈を着るのはキツいと真っ先に選別。
②肌見せのトップス
オフショルダーや背中が開いたニットなど露出が多い服も、今の私が着ると品がない感じがする。
③クラッシュ加工の入ったデニム
今の私が着るとちょっと小汚く見えてしまう。
④ガーリー過ぎるアイテム
リボン・レース・フリルなどが付いた服も、かわい過ぎて40代となった私の顔と違和感がある。
⑤キャラクターや派手なロゴの入ったTシャツ
カジュアル過ぎて、今の私が着ると若作りに見える。
⑥アニマル柄のアイテム
ヒョウ柄やダルメシアン柄のストールやバッグは40代の私が身に付けると逆におばちゃんぽさが強調される。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.