ビューティ情報『抗ウイルス作用のVBに新展開 VBの主成分による皮膚に対する抗老化作用を確認』

2021年12月17日 11:30

抗ウイルス作用のVBに新展開 VBの主成分による皮膚に対する抗老化作用を確認

や過酸化水素(H2O2)の酸化ストレス暴露による抗老化反応をどれほど回復させるのかを調査した。 AGE単独で暴露させた際の細胞におけるAGE受容体のmRNA発現レベルと比較して、VB2、VB3を加えた実験では、AGEの受容体(FEEL-1,FEEL-2,RAGE)の発現レベルは非常に多くの増加を示した。
さらにヒートショックプロテイン(Hsp)でも、単独で暴露させた際と比較して、5つのHspではmRNAの発現レベルが著しく増加した。VB化合物は、細胞死及びROS(活性酸素)の生成を抑制した。またVB化合物は、ストレス環境下において、これらの有害な作用を予防する効果もあった。さらに、H2O2の暴露により引き起こされる「AQP-1,AQP-3の発現抑制」及び、「ヒアルロン酸やエラスチンの生成減少」を予防する事が分かった。これらの研究の結果から、VB2、VB3は潜在的に抗老化作用を有している事を示した。

以下、掲載論文内容より、臨床試験部分の内容の一部を紹介します

図1:抗糖化作用:AGE受容体-mRNAの発現
糖化反応は、生物全体の老化や疾患に関与するAGEsを生成する。
VB化合物(VB2/VB3)

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.