ビューティ情報『不妊治療専門のはらメディカルクリニックが生殖補助医療に使用する精子の一般公募を開始』

2022年1月14日 11:00

不妊治療専門のはらメディカルクリニックが生殖補助医療に使用する精子の一般公募を開始

不妊治療専門クリニックである はらメディカルクリニック(東京都渋谷区、院長:宮崎 薫、以下 当院)は、2022年1月17日(月)より、当院が有する生殖補助医療用精子バンク(※1)において、精子提供者を一般公募いたします。これまで匿名で行われてきた精子提供が、生まれてくる子どもが自らの出自を知る権利の妨げになっていたため、今後は非匿名での登録も可能としました。

■提供精子の一般公募先はこちら
https://www.haramedical.or.jp/content/provision/bank

不妊治療専門のはらメディカルクリニックが生殖補助医療に使用する精子の一般公募を開始

はらメディカルクリニックの精子バンクについて

■精子提供者を一般公募する理由
当院では、国内初*となる、精子バンク利用による非配偶者間体外受精・顕微授精(IVF-D)を開始いたします。現時点においても、数多くの夫婦がこの治療を希望しており、安定的な治療の提供に多くの精子が必要となるため、精子提供者を一般公募でこれまでより幅広く募集いたします。
*当院調べ
不妊治療専門のはらメディカルクリニックが生殖補助医療に使用する精子の一般公募を開始

無精子症とは

不妊治療専門のはらメディカルクリニックが生殖補助医療に使用する精子の一般公募を開始

精子提供者と被提供者家族

■当院の精子バンクのこれまでとこれから
<2021年まで>
・精子提供者の属性
生命倫理観を有する、縁故による東京近郊の医学生に限定
・精子提供者の登録方法
匿名のみ
(日本産科婦人科学会の会告の元)

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.