ビューティ情報『【実験】夏は「角膜の傷リスク」の高いシーンが多い!?ハンディ扇風機で短時間でも涙が蒸発、「角膜の傷リスク」が高まっていることが明らかに 夏のアイケアを眼科医有田 玲子先生がご紹介』

2022年6月29日 15:00

【実験】夏は「角膜の傷リスク」の高いシーンが多い!?ハンディ扇風機で短時間でも涙が蒸発、「角膜の傷リスク」が高まっていることが明らかに 夏のアイケアを眼科医有田 玲子先生がご紹介

気象庁の発表によると今年の夏は梅雨明けも早く、例年よりも気温が高くなることが予想されています。夏になると家ではエアコン、外ではハンディ扇風機など様々な方法で暑さ対策をしている方も多いのではないでしょうか。夏は目のトラブルを起こす様々なリスクが潜んでいます。現代人の角膜ケア研究室では、眼科医の有田 玲子先生監修のもと、ハンディ扇風機の影響について実験を行いました。その結果判明した夏の「角膜の傷リスク」とケア方法を紹介します。

1. 夏の「エアコンや扇風機などの風」で涙が蒸発し、むき出しになった角膜は傷つきやすい。
暑い夏の時期、ご自宅ではエアコン・扇風機を使用したり、外出時にはハンディタイプの扇風機を使用している方も多いのではないでしょうか。実はエアコンや扇風機から出ている「風」を浴びることで目の角膜に傷をつけてしまうリスクが高まってしまいます。なぜリスクが高まるのでしょうか。眼科医の有田 玲子先生によると、角膜は水と油からできている涙に守られており、扇風機などの「風」を受けることによって涙が蒸発し、角膜がむき出しになってしまうといいます。角膜は繊細で傷つきやすい器官です。角膜が傷つくと疲れやかすみなどの不快症状につながってしまいます。

新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.