子育て情報『「ママにしっぽがある!」生理中のアレを3歳の息子が不思議がって…!?』

2020年9月22日 10:30

「ママにしっぽがある!」生理中のアレを3歳の息子が不思議がって…!?

目次

・産後の生理で生理用品迷子
・私の救世主! タンポンってすごい!
・予想外の出来事が…!
・著者:三上美咲
タンポン


生理が来るとお世話になる生理用品。大人になると当たり前の存在のような気もしますが、小さな子どもにとっては不思議なもののようで……。初めて見た生理用品に、興味深々の子ども。いくら親子でもちょっと恥ずかしい、生理用品を使用中に起きたハプニング体験をご紹介します。

産後の生理で生理用品迷子

生理中に使用する生理用品は人それぞれ。ナプキンを使ったり、タンポンを使ったり、または月経カップを使う方もいると思います。私は産後に生理が再開してから出血量が増えたり、ゆっくりトイレの時間をとることができなかったため、ナプキンは常に「特に多い日用」を使っていました。

しかし子どもと過ごす時間はいろいろな姿勢になることも多く、ショーツを汚してしまうこともしばしば。何を使ったらいいのか、とても迷っていました。

私の救世主! タンポンってすごい!

出かけるときは特にナプキンを替えるタイミングがなく、今まであまり使ったことのないタンポンを使ってみることに。ナプキンと違って頻回に交換する必要がなく、使い勝手の良さを感じました。

それまで生理中の子どもたちとのお風呂タイムは、私は服を着たままなるべく濡れないように入っていました。でも一緒に入れないことから、子どもたちからは大ブーイング。タンポンだったら少しくらいなら一緒に入れる!と、はりきってタンポンを使用しながらお風呂へ入りました。

予想外の出来事が…!

ある生理のとき、タンポンを使用しながらお風呂で子どもたちを順番に洗っていると、何やら視線が……。なんと3歳の息子が股下のタンポンのひもに気づいたようで、不思議そうに股の間を覗いていたのです。

「ママにしっぽがある!」というかわいい表現にほっこりしたものの、いくら息子でも股を覗かれるのはちょっと恥ずかしい。しかし、やめてと言うにも理由を説明できず、とても困りました。私はさりげなーくかわして、その場をしのぎました。

救世主だと思っていた、生理中のタンポンの存在。まさかこんなことを息子に言われるとは思いませんでした。子ども目線の観点や表現にうれしくもありましたが、やっぱりちょっと恥ずかしかったです。でもこれも性教育の一環だから、いつかちゃんと話さなくてはいけないのかな……。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.