子育て情報『夜泣きには抱っこもトントンも要りません!【3児ママ小児科医のラクになる育児】』

夜泣きには抱っこもトントンも要りません!【3児ママ小児科医のラクになる育児】

がキモとなります。

「ネントレ」ってかわいそう?

ネントレは基本的に、赤ちゃんが起きてしまった時に抱っこしたりせず、様子を見ます。様子を見る、といってもはたから見ると放置してしまっているように見えます。

よく、外来でも「ネントレって赤ちゃんが傷ついたりしませんか?」という質問がありますが、今まで出ている論文では、ネントレが赤ちゃんに愛着障害をもたらしたり、赤ちゃんが精神的に不安定になることはないと言われています。ちなみに、赤ちゃんをただずっと放置するのではなく、本当に赤ちゃんの「様子を見ます」。

まず、やっぱりお腹が空いていそうで飲まないと寝ないな、と判断したらおっぱいやミルクをあげます。具合が悪いのかな、と判断したら熱を測ったりなど評価をします。

この「様子を見る」という行為が、言葉をしゃべれない赤ちゃんの思っていること、体調などを判断する力がつくことになったな、と感じています。この判断力は、昼間の育児にも活かすことができましたよ。

ネントレの開始時期

ネントレの開始時期は、赤ちゃんが昼と夜の区別がついてくる生後2カ月くらいからがおすすめですが、まだ生後2カ月だと夜にお腹が減ってしまう子もいるので、本当に「様子をみながら」寝る時間を長くしていくのが大切だと思います。生後半年超えていたら、基本的に一晩中寝て大丈夫ですよ。(起こしてまで授乳しなくてOKです)

「夜寝られること」の大切さ

「ネントレは全員しましょう」とは思っていませんが、夜はゆっくり眠れるようになった方がいいと考えています。睡眠は、疲労をとる最も効果的な方法です。親も、子どもも、ぐっすり眠れることで昼間の疲れを回復させることができます。

私が育児の中で大切にしていたことのひとつは睡眠です。子どもが幼稚園に入る頃になったら、いちばん厳しくしていたことが「早く寝よう」でした。家族の睡眠を快適にして、体力をつけたいものですね。

夜に眠れないというのは、心身ともにとてもつらいもの。夜泣きで悩んでいる方は、小児科医に相談して解決することもありますので、予防接種や健診の時など、一度相談してみるのもいいと思います。夜泣きの対策をしっかりして、親も子もぐっすり眠り、楽しい子育てライフになるといいですね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.