子育て情報『【厚労省速報】産婦人科医・小児科医・助産師から妊婦・ママへアドバイス』

【厚労省速報】産婦人科医・小児科医・助産師から妊婦・ママへアドバイス

目次

・産婦人科医からのメッセージ
・日本産科婦人科学会 理事長木村 正 氏
・日本産婦人科医会 常務理事中井 章人 氏
・助産師からのメッセージ
・日本助産師会 会長島田 真理恵 氏
・感染症専門医からのメッセージ
・国立感染症研究所 感染症疫学センター 室長多屋 馨子 氏
・小児科医からのメッセージ
・国立成育医療研究センター こころの診療部 診療部長田中 恭子 氏
医療従事者


厚生労働省では、新型コロナウイルス対応関連情報として、妊婦さんや小さなお子さんがいらっしゃる方に向けて、産婦人科医、小児科医など各分野の専門家からのメッセージを公表しています。今回は、このメッセージについてご紹介します。

※青字部分をクリックすると動画を見ることができます。

産婦人科医からのメッセージ

日本産科婦人科学会 理事長木村 正 氏

日本産婦人科医会 常務理事中井 章人 氏

外国の症例から、妊婦さんが新型コロナウイルスに感染したり重症化する割合は、一般の人と変わらないことがわかってきたそうです。感染予防策に関しても一般の方がおこなっていることと同じように人混みを避ける、手洗い、マスクの着用をすすめています。また気になる症状がある場合は、帰国者接触者相談窓口やかかりつけ医に相談するようお話ししています。(相談するタイミングは今後変更になる方向です)

また里帰り出産に関してはおすすめできない現状で、なるべく現在住んでいる都道府県での出産をすすめています。そしてその際には妊婦さん自身で出産場所を探すのではなく、いまかかっている産婦人科の医師のネットワークを活用するよう伝えています。

そして、妊娠中の運動については、1日中寝ているとか座りっぱなしの生活は望ましくないこと、さまざまなメディアから妊娠中のエクササイズやスポーツについての紹介があるが、正しい医療監修のついたプログラムを生活に取り入れるようすすめています。

助産師からのメッセージ

日本助産師会 会長島田 真理恵 氏

順調な妊娠経過のためには、家で過ごしてもいつも通り規則正しい生活を送ること、バランスのとれた食事生活、十分な睡眠、手洗いなどの感染防止と、ひとりで気持ちが落ち込むことのないようにすることなどが重要であると伝えています。

不安に思うことがあれば、助産師、保健師に遠慮なく相談したり、ネットで妊娠・出産・育児に関する情報を得る場合には、発信元が信頼できるかどうかよく吟味するようすすめています。 

感染症専門医からのメッセージ

国立感染症研究所 感染症疫学センター 室長多屋 馨子 氏

小児の新型コロナウイルス感染症について解説しています。小児の新型コロナウイルス感染症では、家族内感染が多い、潜伏期が成人よりやや長い、便中のウイルス排泄が長い傾向がある、全患者に占める割合が低い傾向にあるということがわかってきたとのことです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.