子育て情報『ごはん抜きはNG! 助産師推薦、抱っこしながら栄養満点「ママごはん」』

ごはん抜きはNG! 助産師推薦、抱っこしながら栄養満点「ママごはん」

目次

・フィンガーフードの定番! おにぎり
・おかずにもなる具だくさん汁物
・ショートパスタやマカロニもおすすめ
・家でも水筒が便利!
ママが手軽に食べれる食事や料理のイメージ


赤ちゃんは抱っこしていると落ち着いて寝てくれても、布団におこうとすると泣いてしまうことが多く、低月齢のママは食事もゆっくりとれないことがありますよね。授乳期は必要なカロリーが増えるため、ママがしっかり食事をとることが大切です。

今回は、抱っこしながらでも手軽に食べれる食事や料理の工夫についてお話しします。

フィンガーフードの定番! おにぎり

おにぎりは時間があるときに作っておけば、隙間時間に食べられるので、メインの食事のときだけでなく、おなかがすく授乳期のおやつとしても最適です。

ポイントは2〜3口の小さめサイズにすること。毎日同じ具材だと飽きてしまったり、栄養が偏ることがあるので、アレンジを加えて不足しがちな鉄分や食物繊維などを補えるような具だくさんのおにぎりもオススメ。五穀米など米の種類を工夫するのもいいですね。

【おすすめの具だくさんおにぎり】
・刻んだ野菜や焼豚、卵入りの炒飯おにぎり
・鶏肉や豚肉のひき肉入りケチャップライスのおにぎり

(コーンやチーズを入れてもOK)
・鶏肉やゴボウ、キノコ、ひじきなどの炊き込みご飯おにぎり
・しらすやワカメの混ぜご飯おにぎり
・焼きそばを細かく刻んだそばめしおにぎり

※炊飯器に材料を入れてスイッチを押すだけのものだとさらにラクチンです!

おかずにもなる具だくさん汁物

朝ごはんやお昼ごはんは、簡単に食べられるご飯やパンなど炭水化物だけに偏りがちです。具だくさんの豚汁やお味噌汁、スープはおかず代わりにもなります。

時間があるときに具だくさんの汁物を作りおきしておくと、家族の夕飯の食事にもなります。不足がちな野菜も汁物にして無理なくたくさん食べるようにしましょう。授乳期に必要な水分もとれ、根菜類の野菜や生姜などを入れると体を温める効果もあります。

汁物の場合は、抱っこしながら食べると抱っこひもを使用していても、赤ちゃんにかかってしまうリスクもあります。温め過ぎないようにして、おわんなどではなく取っ手のついた大きめなスープカップなどにすると安心です。 

ショートパスタやマカロニもおすすめ

母乳には和食が良いと言われていますが、実は科学的根拠はないといわれています。また、産後のママでも和食以外のお食事も楽しみたいですよね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.