子育て情報『保育園で大人気!室内で楽しめる!現役保育士がチョイスする【2月の遊び】』

2021年2月6日 22:00

保育園で大人気!室内で楽しめる!現役保育士がチョイスする【2月の遊び】

目次

・<投げる遊び>
・セルフボール投げ遊び
・コロコロキャッチボール
・段ボール玉入れ
・ペットボトルボーリング
・<切る遊び>
・チョッキン切り遊び
・チョッキンチョッキン切り遊び
・<貼る遊び>
・シール貼り遊び
・のりでぺったん遊び
・<ジャンプ遊び>
・ママのおひざでジャンプ
・小さな段差からジャンプ
・にょろにょろジャンプ
保育園で人気の遊びのイメージ


こんにちは、保育士の中田馨です。2月に入りまだまだ寒い日が続きますね。今年は新型コロナウイルスもあるので、なかなか外出しにくい日々だと思います。そうなると、元気いっぱいの子どもたちのパワーが、家の中だけではあり余ってしまう感じがしませんか? 今回は、寒い冬におすすめの室内でできる遊びを紹介します。

<投げる遊び>

「物を握って、つかんで、手から放して投げる」。大人は当たり前のようにできているこの行動、実は子どもの発達から見るとすごいことなんです。腕を動かして、物を手から放して、投げる先を予測するということを同時にしているのですから。

例えば、おもちゃを投げるようなママにとって困った行動が見られたときは「投げる遊び」をスタートする絶好のチャンスです。「投げたいんだね。これは投げてもOKだよ!」とボールを渡します。ボールがない場合は新聞紙などの紙を丸めたものでも構いません。ここから具体的な<投げる遊び>おすすめ4つをご紹介します。

セルフボール投げ遊び

お座りとハイハイができたら遊べます。ボールをポーンと自分で投げて、ハイハイして追いかけて、またポーンと投げてハイハイして追いかけてを繰り返します。ママはそばで「じょうずに投げられたね!」や「あっちにとんだよ!」とボールを指さして声掛けしてみましょう。

コロコロキャッチボール

子どもと向かい合って座り(年齢によっては立つ)、コロコロとボールを転がし合って遊びます。ママはやさしくコロコロさせますが、子どもは投げてかまいません。

段ボール玉入れ

適度な大きさの段ボールを用意して、ボールを投げ入れます。段ボールは壁に沿わせておくと投げ入れやすいです。1歳ころは箱まで歩いて行ってポトンと落としていたのが、2歳ころになると段ボールをめがけて投げ入れることができるようになります。少しずつ投げ入れる距離を延ばすチャレンジも楽しいですね。

ペットボトルボーリング

ペットボトルをいくつか床に置き、少し大きめのボールを転がして倒します。軽ければ倒しやすいですし、水を1/4ほど入れると倒れにくくなるので難易度が上がります。

※ペットボトルのフタは誤飲する恐れがあります。フタが開かないようテープなどでしっかりととめてください。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.